『お迎えに上がりました。国土交通省国土政策局幽冥推進課(2)』/竹林七草 ◎

前作『お迎えに上がりました。~国土交通省国土政策局幽冥推進課~』があまりにも面白かったので、すぐに図書館の予約を入れたんですが、順番が回ってくるのに2か月ほどかかりました。
いやぁ、本作『お迎えに上がりました。国土交通省国土政策局幽冥推進課(2)』も、大変面白かったですよ~、竹林七草さん!!

元国民の〈地縛霊〉の心残りを晴らして、心安らかに幽冥界へと異動して頂く、という仕事の幽冥推進課。新人職員(有期雇用)の朝霧夕霞は、幽冥推進課初の〈生きてる人間職員〉である。
雇用されて1か月、化け猫(ちょっと違うか)火車先輩をリュックに背負い、相変わらずの奮闘ぶり。

前作は、とにかく右も左もわからない状態から、それでも夕霞の真剣な気持ちと優しい心遣いでもって、少しずつ成長する物語でしたが、本作は「成長したが故の迷いと悩み」と「それでも全力を尽くして前向きに進んでいこうとする」という方向性の物語でしたね。
今までの仕事相手は地縛霊だったのですが、本作では「生霊」「幽冥推進課のお仕事で立ち退きしてもらう相手ではない地縛霊」「神様」と、更にバリエーションを広げて来ました。

サクサク読めるので、あらすじとかは書きません。例によって、気に入ったところなどを。

いやぁ、オッパショ石ですよ(笑)。「オッパショ(おんぶして~)」とシクシク泣き、おんぶしてやるとどんどん重くなるという、子泣き爺みたいな石なんですが、それをどうにかして山の上からふもとの病院まで持って行こうという奮闘する夕霞、自力の徒歩から台車、自動車、キャリアカー、ラフタークレーン車まで引っ張り出しての大移動。
おかげで、そのオッパショ石に地縛してしまってた生霊さんも、無事に自分の体に戻ることが出来ました。
と、ここまでは「いい話だなぁ…」とほんわかしてしまうんですが、とんでもないオチが(笑)。
「うるさい、かち割るわよ!」と夕霞に怒鳴りつけられて、泣かなくなったし重くならなくなったのはいいけど・・・何故に、職場の受付に鎮座してる(^^;)。
妖怪の皆さんには、いいBGMなんだそうですよ(笑)。

休日にコインロッカーベイビーの地縛霊とその母親に関わった夕霞は、自分の思慮の足りなさに思い悩むことになったりもするし、存在意義を失った神様のご移動をお願いする挨拶に行けば、神様がその移動を拒む理由の関係者に詰め寄ってしまって、大いに後悔する。
ちょっと仕事に慣れてきたから、ついつい善意からなんだけど見境なく暴走してしまって、悔やむ。やる気のある人だからこその、空回り。とてもリアルな状況ですよね。
「どうしたら、うまく解決できるんだろう」と悩む夕霞に、辻神課長は「何もできないことを自覚して、それでも何かできるようにもがいてあがくことで成長する」と言ってくれる。
・・・なんて理想的な上司!眼鏡イケメンだし、ホント素晴らしいわ♪

主人公がどんどん成長するのではなく、間違って後悔したり、回り道だったり、悩んで立ち止まって、周りに助けられ、少しずつ自分の足で立って進んでいこう、というのがとても読んでて気持ちが良いですね。
まだまだ、伸びしろがありそうな夕霞、これからも楽しみです。

ただ、これからがちょっと気になってしまうのが、火車先輩。「来月が山」と辻神課長が言っていました。
えぇぇ~。まだまだ、もふもふの毛玉先輩として、夕霞とコンビを続けて欲しいと思ってるのですが、難しいですかね・・・。お別れするときになったら、夕霞がどれだけ落ち込むか、切ないです。
でも、それを乗り越えて、頑張っていく夕霞の姿も、見てみたいです。

ところで。
表紙の辻神課長のイラスト、なんですが・・・。
イメージが、違ぁうぅぅ~~!辻神課長はシュっとしたイケメンであって、あんなへにょろなトホホじゃ嫌!です!!
って言っても、もう変わんないんだろうなぁ…残念。

そういえば、この作品の解説、すごいですよ(笑)。
なんと、現役の国土交通省国土政策局の局長が書いてくれてる。
国土交通省お墨付きですよ、皆様!!すっご~い(笑)。

(2018.10.12 読了)

お迎えに上がりました。 国土交通省国土政策局幽冥推進課 (集英社文庫(日本)) [ 竹林 七草 ]
楽天ブックス
集英社文庫(日本) 竹林 七草 集英社オムカエニアガリマシタ/コクドコウツウショウコクドセイサクキョ


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック