『水没ピアノ ~鏡創士がひきもどす犯罪~』/佐藤友哉 〇

偉業で異能な鏡家兄弟を描く、佐藤友哉さんの〈鏡家サーガ〉シリーズ第3弾、『水没ピアノ ~鏡創士がひきもどす犯罪~』
とはいえ、本作では鏡家から出演しているのは、次男・創士のみ。しかも、主人公は別の人物。
とはいえ、サブタイトルに名前が入ってくる以上、創士も重要な役目を果たすわけですが・・・。

相変わらず〈暴力と偏狂〉に満ちている、〈鏡家サーガ〉シリーズ
単調な日々に埋没する青年、脱出できない屋敷の中で繰り広げられる家族の惨劇を語る青年の遺書、大好きな少女を守ろうと必死になる少年、3つの物語が並行して語られる。それぞれに、生き辛い日常(スプラッタな屋敷は日常と違うかしらん?)が余すところなく描かれ、読んでいて辛くなる・・・・と言いたいのだけれど、どうにも何処かズレている感じがして、現実感がない。

いつも〈鏡家サーガ〉を読んでると、登場人物たちのクレイジーさに「アンタら全員、オカシイよ!」とツッコミを入れつつも「でも、その〈異常〉を理解できなくもない」と思ってしまう自分に気付いてしまい、疲れてしまうのですが、本作はあまりそういう感覚にはなりませんでした。いや登場人物たちがオカシイ、と思ったのはいつも通りですが。

偉業で異能な鏡兄弟の中で、次男・創士の能力は何なんでしょう。兄弟の二つ名としては「引用病」で、そして大変な美形のようですが。あれだけ「引用」が出来るということは、アタマはかなりいと思われます。
ただねぇ・・・本作で、主人公の男に記憶を取り戻させ、現実と向き合わせたはずなんだけど、結局主人公の最期の独白(書置き?)では、結局それは無に帰してしまうことになりそうだし、創士がケリを付けたはずの最後の行動は、たぶん創士が思っていたようなラストにはなってないと思うんですよ。
傍若無人に振る舞うように見えて、結局全く報われてない・・・のが創士なのかもしれません。

しかしですね、巻が進むにつれ、偉業で異能な兄弟と言いつつも〈鏡家の男子は家族から逃走する〉ことが明らかになって来ちゃってますね(ただし逃げきれていません)。
今だ謎に包まれている、「初瀬川研究所勤め」の長男・潤一郎も家を脱出し、次男・創士も叔父の家に寄宿、三男・公彦も本作時点では家に居るようですが、大学生になったあたりで家を出ています。鏡家の強烈な影響力に勝てないのかしら・・・。ちなみに、父も逃走した、と言うことです。
おいおい、そんなファミリーを産み育てたゴッドマザー(?)な鏡家母って、どんなだ~!今までもちょっとは作中に出てくるけど、妙に浮世離れしてるイメージしかなくて、そんな強烈な個性の持ち主だったかしらん・・・。
ちょっと、気になって来ました。

ところで、初瀬川研究所は相変わらず怪しさ全開ですな。本作では、「かなり非人道的な人体実験」「洗脳」の実行が明らかにされました。
それぞれにとんでもない頭脳を持つ研究所員たち、それを駆使して研究を重ねるうちに、あっさり〈人倫よりも研究優先〉が当たり前になってしまう研究所。
小市民な私としましては、興味以前に糾弾したくなってしまいました。まあねぇ、これぐらいブッ飛んだ秘密組織が堂々と存在するからこそ、〈鏡家サーガ〉の狂気っぷりにも拍車がかかるというものですな。
ああ、怖い怖い。

(2018.11.15 読了)

【中古】 水没ピアノ 鏡創士がひきもどす犯罪 講談社文庫/佐藤友哉【著】 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
佐藤友哉【著】販売会社/発売会社:講談社/ 発売年月日:2008/04/15JAN:97840627


楽天市場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック