『銀の猫』/朝井まかて 〇

江戸の庶民の情緒を描けばピカイチの朝井まかてさん。
本作『銀の猫』では、介抱人として女中奉公をするお咲の仕事ぶりと日常を丁寧にたどる、ほっとするような物語です。

母親が婚家(今は離縁している)にした借金を返すため、普通の女中奉公よりも給金の良い「介抱人」をしているお咲。江戸の老人介護は、基本「一家の主が担うもの」だということだけれど、手が回らない裕福な家から呼ばれて3日ほどのの泊まり込み介抱をするのが、彼女の仕事である。
お咲を雇用しているのは、鳩屋という口入れ屋で、急須仕事(お茶を入れる)がメイン(笑)の主人・五郎蔵としっかり者のお徳が切り回している。
家に帰ると、妾奉公もしなくなった母親・佐和がしんねりと嫌味を言い、余計に疲れ果てる気がしてしまうお咲。

仕事に出掛ける先で、老人介抱の現実と向き合い、どうあることが本人にとって幸せか、家族の思いと本人の思いのすれ違いや、自分の考える介抱を押し付ける事なくそれでも誠実にこなしていくお咲の姿に、感心しました。私だったら、いろいろ耐えられない・・・。

そんな鳩屋とお咲のうわさを聞き付けた貸本屋・杵屋が〈介抱指南〉の本を作りたいと言ってくる。
取材を受けたり、介抱に同行させたり、「理想の逝き方」を話したり・・・、お咲の介護稼業の合間にそんなエピソードも軽く挟みながら、お咲の日々は積み上げられていく。
半身が動かない老隠居の介抱、足腰も元気で頭もしっかりしている女隠居の介抱ではなくお目付け役、幕府の要職についていた武士のまだらな子供返りの相手、奥勤めをしていた姉と姉を介抱する妹の頑なな日々、近所の菊職人の母のこと・・・。
様々な老いが描かれて、老いの切なさを感じて悲しくなることもありました。
それでも、幸せに生きることって何だろう、老いを迎えてままならない状況に陥った時に、人は何を考えるのだろう、そういうことが丁寧に描かれていて、いずれは自分も老いると思うと、出来るだけ平和に心安らかに老いていきたいものだと思いました。
それと、いずれは自分や夫の親の介護にかかわることがきっとある・・・ので、その時の心得とまでは行かなくても「千差万別だろうけど、こんな感じかな」っていう先を知ることが出来て良かったです。

母とうまくいかないお咲も、色々なことがあって、母と付き合っている魚河岸の旦那の心意気と思いやりの深さに少しだけわだかまりが解け、母の輿入れを穏やかに見送れた物語の終わりにホッとしました。
とりあえず、元ダンナの鼻を明かしてやったことが、私個人的に楽しかったです。

介抱指南書『往生訓』、売れるでしょうねぇ。あの時代は本は貸本が中心でしょうけど、ベストセラーになるんじゃないかしらん。みんなが、孝行に縛られる苦しい介護じゃなくて、〈生き生き楽々〉で介護に向き合えるなんて、素敵な本ですもん。

(2018.11.28 読了)

銀の猫 [ 朝井 まかて ]
楽天ブックス
朝井 まかて 文藝春秋ギンノネコ アサイ マカテ 発行年月:2017年01月25日 予約締切日:20


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Todo23
2018年11月30日 16:07
良い話ですよね。
私も(と言うか、家内に多分の負担をかけ)すでに両親を見送り、しかも二人ともそれなりに長い闘病生活でした。その経験からも朝井さんの書かれている介護の姿はその通りだと思います。
ただ、まあそのぶん逆に目新しさは無かったのですが。。
2018年12月01日 21:58
Todo23さん、ありがとうございます(^^)。
なるほど、まだ未経験なので私は学ぶところが多かったですが、ということはもちろんこの通りには行かないけれど参考になるかもしれないってことですね。
短気な私には、介護はなかなか難しいことになるだろうなとは思うのですが、温かい気持ちをもって見送りたいと思った次第です。

この記事へのトラックバック