『ニャンニャンにゃんそろじー』/有川浩 他 (アンソロジー) ◎

有川浩さん目当てで、図書館で予約したこのアンソロジー。
他の作品も、良かったわ~。あえて言えば猫派、という程度の私も、がっつり心を持って行かれましたねぇ。猫飼うのもいいかなぁ、なんて思ったり(笑)。
『ニャンニャンにゃんそろじー』、猫好きさんにはたまらないであろう、素敵なアンソロジーでした♪

「猫の島」有川浩
『アンマーとぼくら』番外編。撮影のため、猫の島を訪れた親子が出会ったのは。
「猫の島の郵便屋さん」ねこまき
じーちゃんとばーちゃんと猫、の島の郵便屋さんが配達で島を巡ると。
「ファントム・ペインのしっぽ」蛭田亜紗子
色々なものを失った私は、猫と暮らし始めた。とある人と再会し、猫と人の暖かさに気付く。
「ネコ・ラ・イフ」北道正幸
普通のおじさんの日常に、溢れかえる猫(笑)。
「黒猫」小松エメル
元新選組隊士が老年になり、かつての日々を思い出す。
「鈴を鳴らして」益田ミリ
増田さんが、外を歩くときに見かける猫。猫が好きだけど、飼わない理由。
「まりも日記」真梨幸子
運命の猫と出会った作家は・・・。猫を飼うのって、すごく大変なのね・・・。
「ヅカねこ」ちっぴ
宝塚歌劇団好きの猫たちの、「ヅカ語り」。
「諧和会議」町田康
人が滅びたその後に。言葉を持つようになった動物たちと、猫。

「猫の島」を読んで、真っ先に思ったのは「お父さん、相変わらずだな…」でした。やっぱり私、このお父さんダメだわ~。晴子さんの包容力、素晴らしい・・・偉い、私には無理。そして、父より大人なようでいて、やっぱり子供なわだかまりもある「ぼく(リョウ)」の心をほぐす材料をくれた〈おばあさん〉。いい出会いがあって、だからこそあの物語につながるような母子関係が出来上がったんだなぁと思うと、感無量でしたね。

「ネコ・ラ・イフ」最初は普通に猫がいる風景だったのに、だんだんおかしくなってくるところが凄かった(笑)。動物園全部猫って…いろんな意味でインパクトが強すぎるでしょう。この日常は、気が付かなければ幸せだけど、気付いた瞬間怖くなる・・・かも。

「諧和会議」の、煙に巻かれるような文体は、最初はちょっとイラッとしたのですが、だんだんクセになってきて〈言葉を得て賢くなったつもりでも、やっぱりちょっと抜けてるとこがあったり、見栄っ張りだったりする動物たち〉にホンワカしました。
・・・そうか、言わぬが花なのか・・・。

マンガも、小説も、エッセイ風も、どれも良かったです。
でもね~、なんて言ってもいちばんよかった(?)のは、真梨幸子さんの「まりも日記」ですわ。
売れない作家が、運命の猫・まりもと出会ってしまい、つい衝動的に買うことにしてしまったら、まあ次から次から畳みかけてくるトラブル。猫を飼う資格とは。猫のためにどこまでやってやるべきなのか、そして猫と彼女を待ち受ける運命とは。
最初は、真梨さんのエッセイなのかと思ってしまいました。後半から、う~ん違うかなぁ・・・と思ってたら、ラストがアレですもんね。ちょっとゾクッとしたというかなんというか。

正直言うと、猫飼うのもいいなぁ・・・とフワフワ思ってた頭を、ベシッとひっぱたかれた気になりました(笑)。いやいや、やっぱり〈ちいさないのち〉を預かり育てていくのは、私には無理だわ~。気持ち的にも、金銭的にも(^^;)。色々大変すぎるわぁ・・・。

文章作品と漫画作品が交互に9作。
どれも、全く違った方向から「猫の魅力」をこれでもかこれでもかと、力いっぱい描いています。
どの作家さんも、ホントに猫が好きなんだなぁ、というのが伝わってきました。
猫好きさんも、そんなでもないかなぁって方も。楽しめること間違いなし!です。

(2019.01.30 読了)

ニャンニャンにゃんそろじー [ 有川 浩 ]
楽天ブックス
有川 浩 町田 康 講談社ニャンニャンニャンソロジー アリカワ ヒロ マチダ コウ 発行年月:201


楽天市場


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック