『エクサスケールの少女』/さかき漣 〇

あら~?なんか、思ってたのと違うなぁ・・・。
人間とAIの未来を描く、という書評に惹かれて読み始めたんですけど、なんか、凄くもったいない感じが・・・。
日本からシンギュラリティを起こそうとする最高の頭脳を持つ青年と彼が手にした最高の環境、不可思議な体質の少女、日本古代神話とのかかわり、AIやAGI(汎用人工知能)の発展、人間の欲とそのコントロールなど、一つ一つの題材がいいのに、上手くこなれてないと感じてしまいました。残念。
テーマ的には、好きなんですけどねぇ・・・。
奥付見たら、著者のさかき漣さん、本作『エクサスケールの少女』が初の単著だそうです。なるほど・・・。

SFのような、リアルにファンタジーぶっ込んだような、激甚災害とテロとシンギュラリティをごた混ぜでご都合に集約した・・・って感じがしてしまったんですよねぇ。
う~ん、ちょっと辛口すぎるかな。
前半、主人公・青磁の過酷な境遇と、彼が自らの能力を磨いて(引き取ってくれた相手が良かったのもあるけど)そこから脱してAIの研究所の筆頭研究員になるまでを描いた辺りまでは、冗長ながら堅実な展開でした。
ただねぇ、激甚災害のあと青磁の恋人・千歳の万能とその理由が明かされ、青磁の妹・萌黄を巡る陰謀が急展開、怒り狂った青磁がとった禁断の技術利用、そして彼の狂気を収めた「悪意の価値システム」の終了、エピローグ。
この後半部分が、エピローグへ向けてのご都合主義感満載で、かつ端折りすぎ。もったいない。

千歳に関する説明がもうちょっと深かった方がよかったし、千歳と萌黄になんらかの関係があるのかどうかも描かれて欲しかったし・・・何よりエピローグのユートピア状態が、なんだか居心地悪くて。
シンギュラリティが来て、こんな未来になったら、素晴らしいとは思う。平和で、美しく、思いやりのある世界。だけどねぇ…人間って、もっと醜い生き物だと思うし、何もしなくてもよくなったら、ダメになっちゃう気がするんですよ。向上する人間と何もしない人間との二極化しそうで、あんまりこういうのは好きじゃないな。

善意のシンギュラリティが青磁によって構築されたとすると、なんだか青磁が創造主みたいで、なんだかなぁと思う。人間である青磁が新たな世界を構築、その世界は善意と豊かさに満ち溢れている・・・う~ん。

文句ばっかり書いてしまったんですが、AI研究に関する技術のこと、開発に携わる人々の心の機微や、日本古代神話についての解釈など、なかなか興味深いエピソードもたくさんありました。
まあ、AIとかシンギュラリティとかの突っ込んだ話になると頭がピヨピヨしちゃうんですけどね、私超絶文系人間なんで(笑)。

しかし、『図解で分かる 14歳から知っておきたいAI』(実用書)を読んだ時も思ったんですが、シンギュラリティがおこったとき、「それを暴走させずにすべての人に対して安全保障する」という方向を付けてコントロールするのが大事だということですよね。
でもなぁ、それがホントに、一番難しい事なんだと思います。
だから、本作のエピローグは理想論である・・・と感じちゃうんでしょうね。

物語としては面白かったし、興味深い分野でもありました。
SF・ファンタジーとして考えれば、あのラストもありなんだろうけど、どうしてもリアル寄りの回答を期待してしまいました。うん、でもそれは私個人の希望だからなぁ。

(2019.02.26 読了)

エクサスケールの少女 (文芸書) [ さかき漣 ]
楽天ブックス
文芸書 さかき漣 徳間書店シンギュラリティ サクサスケール AI AGI 古事記 日本書紀 スーパー


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック