『魔王城でおやすみ(4)』/熊之股鍵次 ◎コミックス

人間界から魔王に攫われてきたスヤリス姫。
勇者による救出を涙ながらに待って・・・ません、全然。
相変わらず、帰る気ナッシングだよね~、姫。
熊之股鍵さんが描く〈魔王城でおやすみ〉シリーズ第4弾『魔王城でおやすみ(4)』、魔王城からさらに「旧魔王城」に攫われたって、姫は快眠を求めることは怠りません(笑)。

魔族も実は一枚岩ではなく、現魔王が魔王を継いだ時に反乱分子として出て行ったハデスという魔族がいて、旧魔王城に本拠を構えていた・・・なんていうと、熾烈な権力争いが勃発してるみたいですが、まあこの物語世界のユルさから想像がつく通り、何というかほのぼのしたじゃれ合いを見てるようで、楽しかったですよ(笑)。

しかしハデス君、ニブイにも視界が狭いにも、ほどがあるだろう・・・。姫に着ている服を奪われても、会議中にウロウロされても、全然気が付かないし、姫の凶悪さ(笑)をスルーして「震える姫」と呼ぶなんて・・・。嗚呼、可愛いいおバカさんの香りがする・・・。
かってる地獄の番犬?のケル・ベロ・スゥ達も、おバカな子犬たちで可愛い・・・。

姫の徘徊の行動範囲が魔王城だけじゃなくなって、よりアクティブになったよねぇ・・・。
しかも、ハデス陣営にいる睡魔が「快眠の師匠」となって、眠りの質を上げることに全力で協力しちゃってるし、もうホントみんな姫のこと大好きだな!!
旧魔王城に姫がさらわれて魔王城は静かになり、みんな寂しくなっちゃって「勇者が姫を奪い返しに来たら」と不安になって、経験値上げの魔術修練大会を早めちゃうとか 、「姫を返したくない」本音をはっきり公言しましたよ!可愛すぎたろ、キミ達!!

バレンタインのチョコレートが欲しくて、城中の魔族に「好きと言って」攻撃を仕掛け、死屍累々を作り上げたかと思えば、悪魔修道士に変装して地獄の釜に潜入してみたり、呪いの子守唄を作詞作曲(呪いの音楽家監修協力)してみたり、縦横無尽&傍若無人&情け容赦なしな姫の活動、とどまるところを知りません。

報われない魔王、悪魔修道士をはじめとした魔族の皆さんの「姫大好き」ぶりが炸裂する、楽しい楽しい物語でした!
あ・・・勇者どうしてるかな~(笑)。

そうそう、本作で一番面白かったのは、姫を奪還するために心配のあまりいろんな準備をする魔王陣営とそれに対比される「旧魔王城でも快眠を求める姫」とその師匠・睡魔の快眠グッズ作りのツッコミ不在っぷりだと思います(笑)。
魔王陣営は割とツッコミ役がいるけど、ハデス側はツッコミ人員がかなり不足しているようですな。
うぷぷぷ・・・、今後も楽しみ~♪

(2019.03.29 読了)

魔王城でおやすみ (少年サンデーコミックス) [ 熊之股 鍵次 ]
楽天ブックス
少年サンデーコミックス 熊之股 鍵次 小学館マオウジョウデオヤスミ クマノマタ カギジ 発行年月:2


楽天市場



水無月・Rの〈『魔王城でおやすみ』シリーズ〉記事
『魔王城でおやすみ(1)』
『魔王城でおやすみ(2)』
『魔王城でおやすみ(3)』
『魔王城でおやすみ(4)』(本稿)
『魔王城でおやすみ(5)』
『魔王城でおやすみ(6)』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック