『女たち三百人の裏切りの書』/古川日出男 〇

世に流布している『源氏物語』の「宇治十帖」は贋物であるとして、没して百余年の紫式部の亡霊が立ち現れる。
「ほんものを語ろうぞ、物語として書にし、世に広めよ」と宣言して・・・。
古川日出男さんが描き始めた〈本物の「宇治十帖」〉は、亡霊の語る物語の域を超え、夢と現と虚と実を増幅させながら、時代をの趨勢を飲み込んでいく。
『女たち三百人の裏切りの書』というタイトルに違わず、裏切る女たちの物語であり、読者である私も何度も裏切られる、魅力的な物語でした。

とは言えですね~、非常に難しかったですわ~。
最初の方は絡まない別個の物語がいくつもあり、たぶん本筋であろう「語る紫式部の怨霊」の物語も謀りと偽りを幾つも内包し、その果てに増えていく・・・。更に、文体や使われる言葉が難しい(笑)。
そして、自分の事情ですが図書館の延長できない予約本を先に読まなきゃだったり、外出のお供にしにくい大きさ重さゆえになかなか読み進められず。たぶん1か月以上かかって読み終えたという状況。・・・時々、筋を見失ってたため、物語の流れを理解するのに時間がかかってしまいました。
でも、それでも「読むのや~めた」とか「時間があるときにまとめて読もう」とかにはならなかったんですよ。
「紫式部の怨霊が語る」という設定の妙であり、古川さんの筆力の凄まじさですなぁ。

きちんと筋を追って行こうとすると、複雑すぎて私には文章化できません!
こういう時は、とっとと白旗を上げてしまうに限りますな(笑)。
文章は独特だし、使われる言葉も難解なものがたくさんあり、展開も複雑・・・、〈読んで読んで!〉とひと様に気軽におススメできる物語ではないんですが、迫力あり魅力的な物語ではあります。
『源氏物語』(特に宇治十帖)の知識があれば、この作品の前半の「世に流布しているものと、この怨霊の語る物語との違いとは」という点に関しては、より面白く読めると思いますが、あまり『源氏物語』を知らなくても大丈夫です。
後半になって、怒涛の展開がみられ始められたら、あまり関係ありませんので。

ネタバレになりますが、紫式部の増殖、病身のはずの女人の謀り、物語を書きとる女の野心、新しき物語の流布に努め、それを利用する公卿、物語の外側から中へ入り込む者ども、物語の内側から現実世界へあふれ出す者ども、いやいや本当に、人間の欲というのは恐ろしいものですな。
こんなに複雑にことを仕組み、実行し、絡め取り、己が優位に利用する。いくつもの思惑が絡みあい、お互いを侵食しあう。
単純脳の私には、全く予測どころか物語に付いて行くのも息切れしながらでありました。

海賊たちの話やとある島に流された夷たちの物語は、最初どう繋がるのかわからないし、あまり面白く感じられなくて、「早く本筋(怨霊の語る物語)の方を読みたいな~」なんて思ってたのですが、海賊たちの人神が瀬戸内海のあちこちに標として社を作り、仮面の巫女たちを配置し始めてから俄然面白くなってきましたね。そして夷の方は、早蕨の刀が浸透していくにつれ現実と物語の橋渡しをし、それを利用する公卿が夷に「籐氏」を与えたあたりから興味深くなってきて、いくつもの物語が複雑に絡まり、互いに対立しながらお互いを活かしあう展開に息をのみました。

物語の最後に、勝利したのは誰だったのか。
敗北したのは、「まつろわぬものの裔」の氏族に見えたけれど。彼らは「物語の主要人物」を彼らの中から排出できなかったから。
けれど、夷たちは最も古い起源をもっており、海賊の神を討ち果たす。
そこでまた、紫式部は増殖か統合かを果たす。彼女が一番の勝利者なのか、いや違うのか。
そして私たち読者は知っている。この院政の時代から、相争う「藤氏」「平氏」「源氏」で、どの「氏姓」が勝利を得たのか、そしてその勝利がどういう変遷を遂げたのか。
〈物語〉は終わりを告げ一つの形を確定させるけれど、歴史は続きまた新たな物語が生まれ、世は変わっていくのだと、読み終えてしばらく経ってから、しみじみ思ってしまいました。
収束しながらに、また広がる物語、堪能いたしました~。・・・ちょっと読み疲れましたけど(笑)。

(2019.04.30 読了)


女たち三百人の裏切りの書 [ 古川日出男 ]
楽天ブックス
古川日出男 新潮社オンナタチ サンビャクニン ノ ウラギリ ノ ショ フルカワ,ヒデオ 発行年月:2


楽天市場


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック