『あとは野となれ大和撫子』/宮内悠介 ◎

いやぁ、面白かった!!
大統領が暗殺され、議員たちは一斉に遁走、残されたのは後宮(と言ってもいわゆる妾女の住処ではなく女性の教育機関)の女性たち、という中央アジアの架空の国・アラルスタンを舞台に、その後宮の女性たちが国を守り支える奮闘を描いた、爽快な物語。
『あとは野となれ大和撫子』という軽快なタイトル、高等教育を受けた女性たちの苦悩はありながらも溌溂とした働き、弾む会話、若さゆえの無謀さ大胆さ、大変面白く読ませていただきました、宮内悠介さん!!
イスラム世界で、これだけ女性が活躍する(しかも政治とか軍事とかに)というのが、意外ながら清々しくて気持ちよく読めました!

干上がってしまったアラル海に自治共和国として発足した、アラルスタン。
砂漠の環境改造技術を手に、各地の移民、遊牧民を住民として受け入れ、国家の形を整えてきた。
その独立記念日の大統領演説の真っ最中に、その大統領が狙撃され、死亡。
国家の危機に奔走するはずの議員たちは雪崩を打って逃走し、混迷を極める事態―― に一石を投じたのは、後宮の若きリーダー・アイシャとその仲間たちだった。

反政府ゲリラは攻め込んでくる、隣国は油田を占拠する、そんな外憂だけではなく、同じ後宮の上の世代からの横槍や、若い女たちと侮る官僚たちなど、内患も尽きない。
そんな中で、大統領代行・アイシャのリーダーシップや文化相・ジャミラの機転、国防相・ナツキの大胆な働きが活き活きと描かれ、次々と訪れる困難をしのぐ様子を、こぶしを握って応援しながら読んでいました。

政情安定しない中央アジアにおいて、新興国家として周りから狙われるという国際情勢、イスラム世界における過激思想ゲリラとの対立と融和、後宮内の世代間の感情的・立場的な隔たり、様々な問題が彼女たちに襲い掛かる。一つの問題を何とか処理しても、もっとうまく出来たのではという葛藤もあるし、別の問題が生まれることもある。
何でもかんでもスッキリ片付くなんて、ある訳ない。それでも、最善を尽くして国を国民を守ろうとする彼女たちが、本当に眩しかったです。

それぞれのキャラ立ちも凄かったです(笑)。暑い国って、個性的にキャラが濃くなるのかしら(笑)。
アイシャやナツキ達だけでなく、軍のアフマド大佐や反政府ゲリラ(AIM)のナジャフ、後宮高齢世代の代表・ウズマ、怪しい吟遊詩人(兼武器商人)のイーゴリ・・・とにかくみんな癖が強い。
最後の方の劇鑑賞の場に出てくるウズベキスタン・カザフスタン・ロシアやの外交官たちも、もうホントおかしい。最初はアラルスタンの弱みに付け込もうと虎視眈々と狙う嫌な官僚なのに、劇進行の混乱に合わせて出てきたゲリラからの酒を受け取っちゃうという・・・思わず「さすがロシア、ウォッカが出てきたら飲まないわけには行かないよな、豪胆だよな!」と、馬鹿笑いしてしまいましたよ。

ゲリラ組織改め制度内での政治参加を果たしたAIM代表になったナジャフですが、色々可愛くて仕方ありません。最初は髭モジャの屈強なイスラム戦士のイメージだったのですが、幼いナツキを救った時のエピソードを語った時に優しくて無骨で不器用な青年(青年…というにはちょっと歳食ってますが)にイメージががらりと変わって、渾身のプロポーズをあっさり流されてガッカリ・・・とかもう、可愛い可愛い!
1年後に、アイシャの弾劾関して堂々と素晴らしい援護の発言をしつつ、ナツキのスザニ(織物)に言及するとちょっと赤面するとか、もう可愛いよ!この人!
ナツキとうまく行ってくれたらいいのに(笑)。

ああ、もうホント色々言及したいことはいっぱいなんですよ。
何故、国家存亡の危機に同じ後宮の一員であるはずのウズマたちは、アイシャたちを敵視するのか、とか、後半離脱する者の存在のこととか、アラルスタンの人気グループ「マリグスラード・バットボーイズ」と「審判の日」のやりとりで緊張ほぐれるシーンのこととか・・・!

でも、長くなってしまうので、やめておきます。
とにかく、ドキドキするし、楽しいし、笑ったり、苦悩したり、とても忙しい物語です。
是非、読んでいただきたい!

ただ一つ気になったのは、ナツキが父母と死に別れたのが5歳の時、それから15年の歳月が過ぎ、たぶん身の回りに日本語をしゃべる人もなかった状態で、日本からの旅行者と普通にくだけた会話が出来てたのが、ちょっと引っかかりました。
その旅行者の「ママチャリ旅行記」が各章の最後に入るんだけど、ほとんど後宮のアイシャたちと関わることがなく、アラルスタンの様子を別角度から見ることが出来て、面白かったです。
最後に、彼が帰国後クラウドファンディングで実現したという「オアシスの塔(空気中の水蒸気を集めて飲料水とする設備)の改良」のことがちょっと出てくる。
アラルスタンの騒動は、こんなところで意外な技術発展を生んだんだな、と思うとなんだか嬉しくなってしまいました。物語の中に、リアルがあるって感じがしますよね。

(2019.05.24 読了)

あとは野となれ大和撫子 [ 宮内 悠介 ]
楽天ブックス
宮内 悠介 KADOKAWABKSCPN_【bookーfestivalーthr】 アトハノトナレヤマ


楽天市場




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック