『ヴィオレッタの尖骨』/宮木あや子 ◎

余すところなく、宮木あや子さんのR-18系というか、ダークサイド系ですねぇ。
でも、歪んでるって、言ってしまっていいの?何をもって、歪んでいる、いないを判断する?
小市民を自認する私だけど、私の身の回りにある〈普通〉が、本当に〈普通〉?
そんな疑いにじわじわと侵食される感覚と、甘く爛れた香りが充満してくる、『ヴィオレッタの尖骨』
読んでいる最中にふと我に返っては深呼吸をしなくてはならないほど、息を潜めていました。

「ヴィオレッタの尖骨」
美術コースと音楽コースのある高校で出会った、少年少女たち。彼を傷つけたものに、少女たちは復讐を遂げる。
「針とトルソー」
母に束縛される娘と母に執着される娘、琵琶湖で棄てて来たもの。
「星の王様」
戸籍もない少女たちが、色街で生き続け、訪れた転機に取った別々の行動。
「紫陽花坂」
紫陽花坂を上って行った先にある女子高での、美しく残酷で痛ましい少女時代。

はぁ・・・。4つの物語は、それぞれ全く違う設定にありながら、〈少女〉という存在の生き辛さや残酷さ、矛盾する不安定さや儚さが、目いっぱい詰まっていて・・・なんというか、本当に消耗しました。
少女たちが、衝動のままに暴力行為を行うシーンが結構あり、その辺もだいぶ疲弊しました。
衝動的な暴力でありつつも、彼女たちの芯は冷え切っていて、そこが本当に怖ろしかったです。

まだ、自分の力だけでは生きていけない年頃の閉塞感。抜け出したくてあがく彼女たちは、狭い世界の中でお互いに執着し、窺い、傷つけ合い、愛を求めあう。

自分の少女時代はこんなに苛烈では全くなかったから経験ではないけれど、それでもその片鱗ぐらいは分かってしまうから、それを何倍にもして体験している彼女たちの強さと弱さと残酷さに、眩暈が。
その眩暈をおして読み進めれば、ドロドロとした世界がだんだんと砂のように乾いて零れ落ちていく。
彼女たちの、その後の消息はどうなってしまうのかと、胸が痛くなりました。

どの物語が一番良かったのだろう。
「紫陽花坂」の高校時代の視点は夕子のものなのに物語は三人称で描かれ、途中で挟まれる別人(と予測される)の現代の視点は一人称、という構成は、途中までは混乱するのだけれどだんだん馴染んできて、最後の方でやっと一人称の主が誰かが分かったあたりで、物語の全貌が見えてきた気がして、物語の作りが本当に上手いなぁと思いました。少女たちの、恋愛や憧れ複雑な関係が、とても強く感じられました。
笙子の通夜の帰りに喜恵と多佳子が、「大和さん(夕子のこと)はもうこの世にはいないと思う」と話すラストシーン。
紫陽花坂を上って消える2人の姿と、行を変えて凛然と描かれるト書きの美しさに、背筋がゾッとしました。
~~あとはただ、綿雪の舞い降る。~~(本文より引用)

ううむ・・・、具体的な感想が書けない。
狂気と哀しさと、美しさと残酷さ。背徳感に満ちた切なさ。その他にもいろいろなものが、ぐるぐると渦巻く中で、ただひたすら息を詰めて読み終えた時の、頭の中の熱さと冷たさが共存するような感じ、文章にできない・・・。

(2019.06.20 読了)

※最近、トラックバックが出来ないブログサイトが増えてきました(T_T)。
ブロガーさんにご許可頂いたレビューをご紹介します♪
☆おすすめです!☆


ヴィオレッタの尖骨 [ 宮木 あや子 ]
楽天ブックス
宮木 あや子 河出書房新社ヴィオレッタノセンコツ ミヤギ アヤコ 発行年月:2017年09月14日


楽天市場


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

苗坊
2019年06月21日 21:24
こんばんは。
宮木さんの書く恋って一筋縄ではいかないですよね。
恋は狂気にもなるということをいつも教えてくれる気がします^^;
今回の作品もそうでした。
文章が綺麗だからこそ尚更怖さが際立ちます。
2019年06月21日 22:05
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
美しい少女たちの、ただひたすらに突き詰めた思いが交錯する、キリキリと張りつめた糸のような物語たちでしたね。
耽美な文章の中から漂う、甘苦い空気が、とても怖ろしかったです。

この記事へのトラックバック