『高校入試』/湊かなえ 〇

地方名門公立高校の入試前日、「入試をぶっつぶす」と書かれた紙が、会場となる教室の黒板に貼られているのが発見される。
入試当日も、ネットへの試験問題流出、試験会場のリアルタイム実況・・・、対策に奔走する学校側だが、すべては後手に回ってしまう。
湊かなえさんらしい映像的展開・・・と言いたいところですが、まず先にドラマ脚本があり、本作『高校入試』はセルフノベライズってことになるのでしょうか(ドラマは見ていません)。
登場人物多すぎて、中盤終わるぐらいまで『人物相関図』なくしては読めませんでした・・・(-_-;)。

各文章の頭にそれぞれの名前が書かれて、その人物視点で状況が語られ、その文章の合間にネット投稿の一文が挟まれる。
その人物たちなんだけど、受験生たち、保護者たち、学校の先生たち、とにかく人数が多い!名前だけ書かれても誰が誰やらだし、『人物相関図』もそれぞれの性格や背景などは書かれてないからそれを覚えるまでは混乱しまくり。
映像なら、わかりやすかったのかもしれませんねぇ。
やっとそれらを把握したのは、入試そのものが終わり、採点も終わった後、状況混乱から犯人(主犯共犯の複数)判明のクライマックス・・・。
まあ、私の理解力が弱すぎるせいなんだとは思うんですが、もうちょっと読者に優しくてもいいのでは(笑)。

入試当日にこれをやらないで欲しいなぁ・・・というのが、正直な感想ですねぇ。
無関係な受験生たちが、ホントいい迷惑なんで。その受験生たちもルールを守らない子が居たり、もめごとを起こしかける子が居たり、関係者以外立ち入り禁止の場所へずかずか入り込んでくる保護者が居たり、入試を取り仕切る学校側は大変ですよねぇ・・・。
でも、学校側が完全な被害者かというと、そういうわけでもなく、2枚見つかった答案用紙について事なかれな処理をしようとしたり、生徒と同僚教師とを二股にかけてるゲス教師が居たり。

結局、入試をつぶそうとしていた人物とその共犯者たちは判明するのですが、どうにもリスクと得るもののバランスが変だなぁと思うし、やっぱり「入試の在り方を世に問う」のは、入試当日に混乱を引き起こす方法は駄目だと思うので、あまり納得がいかなかったですね。

湊さんらしい〈増幅する悪意〉や〈肥大化する被害者意識〉が多く描かれ、そこはイヤミスあるあるだし、逆に読みやすくなった気がします。
とはいえ、大人の共犯者はもうちょっと自分の正規の職務の方を優先して欲しいなぁ。
あ・・・共犯者じゃなくても、いい加減な先生方とか、ゲス教師とかは、反省してください。

しかしねぇ・・・。やっぱり今でもこういう「出身大学よりも、出身高校の方がステータスの秤」っての、あるんですかね。
あまりの〈一高至上主義〉に、「どの時代のド田舎だよ・・・」と嫌気がさしながら読んでました。
出身大学やその後の社会人としてのレベルがどんなに高くても〈一高出身じゃなかったら自分よりバカ〉とか、高校入試以降の努力は度外視ですかい・・・。実際、作中にも一高を卒業して二流大学へそしてニートっていう人物が出てきますけど、そんなんでもいいんかい。意味不明・・・(私はそんなヤツ、嫌だよ)。
それに振り回される子供たちがかわいそうだなと思いました。

視点がぐるぐる変わるのには閉口しましたが、それぞれの意図が交錯する展開は、さすがですね。人物把握にあたふたしながらも、案外いいスピードで読めました。

(2019.08.07 読了)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント