『キノの旅(22) -the Beautiful World-』/時雨沢恵一 〇

時雨沢恵一さんの「キノの旅」シリーズ22冊目。
パースエイダー(銃器)有段者・キノと喋るモトラド(自動2輪車)・エルメスの、淡々と続く印象的な旅。
彼らの出会う国や地域や人々は、現実の私たちの世界のとある部分をデフォルメしたものだったりすることも多い。
様々な状況にあって尚、彼らは全てを受け入れ、受け流し、旅を続けていく。
『キノの旅 (22) -the Beautiful World-』

口絵プロローグ「川の畔で・b」
鮭の遡上と、一つの死体。
口絵「知らない話」
完璧好青年のシズ様も、知らないことがあるのねぇ・・・。
口絵「誕生日」
とある国で誕生日を詐称するキノとエルメス。
第一話「仮面の国」
美醜にこだわりすぎた人々に、師匠が与えた仮面。
第二話「退いた国」
貴重な鉱石が取れるところにあった国。
第三話「取り替える国」
貧富格差の大きい国では、こんなことが起こるのか。
第四話「議論の国」
議論している間は、行動しない国。それって理性かね?
第五話「届ける話」
シズ様と陸の出会い。陸、可愛い・・・。
第六話「来年の予定」
定住派フォトが助手を伴ってフェス撮影に行く。
第七話「餌の国」
連絡が途絶えた国の様子を見に行ったキノ達。
エピローグ「川の畔で・a」
プロローグの少し前。部分的に奇妙な遺書を発見したキノ。
巻末特別短編(あとがき)「二十年目のボク達」
実際物語中で20年が過ぎていたら。
・・・シズ様~~~!!

妙齢美人な師匠とハンサムな弟子、大好きです。
師匠、容赦なく弟子を凶器代わりにするんですもん。まあ、弟子の不死身度は高いので(笑)、ノープロブレムのようですが。
えげつなく事態をかいくぐり、ちゃっかり得をする結末を得るんだけど、その結果誰かを救っている。生きるということに対してとても厳しいけれど、弱者が生きようとする時、それを手伝いしっかりと生きていく術を言葉ではなく態度や行動で伝授する、芯のある優しさとでも言うのでしょうか。私も、そんな女性になりたいものです。

亡国の王子・シズ様と喋る犬・陸と無口な少女・ティーがオーロラを見た時、慌てふためくシズ様が可愛かったです(笑)。
知ってるのに黙ってる陸とティー、シズ様の新鮮な姿を見て、嬉しかったし楽しかったんだろうなぁ♪

「仮面の国」で師匠組が国に渡した仮面が、キノ達が旅するころには表情を作れるレバーが付くような進化をしていたのは、案外以外ではなかったですけど。「一緒に仮面を取ってみましょう!」と声をかけたシズ様を取り囲む無表情な顔の集団には、何と言うかすごい恐怖でしたね・・・。表情筋、大事だわぁ。常日頃から、ちゃんと動かさねば・・・。

「届ける国」のシズ様と陸の出会い、微笑ましかったわ~。ちょっと臭い出会いだったけど(笑)。
かなり手のかかる子犬の世話をた経験があるから、無口少女・ティーが旅に同行するようになっても、おおらかに受け入れられたのかもしれませんねぇ。まあ、ティーは自分のことは自分でできましたけど。
しかし、何故陸が喋れるかは、やっぱり本人も説明できないのね(笑)。

「来年の予定」で、大規模フェスの撮影を請け負うことになったフォトにつけられた助手・イライザ。
身体は大きくて怪力なんだけど、気が小さくて自信がなくて、おどおどして・・・。そんな彼女に訪れた転機は、「ラッキー」だったけれど、雨の中フォトをフォローして懸命になったからこそ訪れたもの。
フォトは来年、撮影助手ではなく人気歌手になったイライザを撮影するのでしょう。素敵ですよね。

プロローグ&エピローグは、切なかったなぁ。
あと1日待てれば・・・遺書の主たちは、全く違った人生を歩むことになってたでしょうに。
でも、その運不運もまた、人生なんでしょうね。
それに立ち会ってしまったキノ達は、複雑な気持ちになりながらも、淡々と受け入れ、旅を続けていくのでしょう。
もちろん、ゲットした鮭は、きちんと調理(もしかして燻製まで作って保存食にしちゃうかもね)して、あさごはんにすることでしょう。
それでこそ、キノですもの。

しかしですねぇ・・・巻末記念短編「二十年後のボク達」とイラスト・・・。
シズ様、なんでそんな・・・立派なオッサンになっちゃったねぇ(笑)。
いや、きっと、シズ様の作るパンは美味しいんだろうけど(笑)。時間の経過って、残酷だわぁ・・・。
キノとティーは、超絶美人になってますな!!そして、陸の忘れ形見たちのもふもふ、最高!(でも、陸・・・泣。)
実際20年経ったらこんなかもしれませんが、是非皆さん今のままで、いろいろな出来事に出会い続けて欲しいですね。

(2019.10.30 読了)

※とうとう、ウェブリブログもトラックバック機能が無くなってしまいました(T_T)。
ブロガーさんにご許可頂いたレビューをご紹介します♪
☆おすすめです!☆


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

苗坊
2020年04月23日 18:02
こんばんは^^ようやく読みました。
それぞれの旅が興味深くて面白かったです。シズ様がオーロラに驚いているのは可愛かったですね^^
師匠たちが出会った少女はこれからどうなっていくのかも気になります。
こちらでちょうど20年だったんですねー。
その記念?に書かれたイラスト。キノとティーは良いとしてシズ様は認めません(笑)いやだ^m^
これからも長く続いていってほしいですね。
2020年04月24日 10:04
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
20年の長きにわたって、様々な旅が続いてきましたが、実際に20年経ってたら・・・、のアレは認められませんよね!!(笑)
シズ様は、トホホ系美男子で固定!がいいです♪

今回プロローグ&エピローグの切なさ、際立ってましたね。
それでも、旅は続いていく。
このシリーズの芯が、しっかりと描かれていたと思います。