『わざと忌み家を建てて棲む』/三津田信三 ◎

本作『わざと忌み家を建てて棲む』は、『どこの家にも怖いものはいる』の続編で、作家・三津田信三氏と怪異譚愛好家の編集者・三間坂氏がとある怪異を読み調べるうちに、身の回りに怖ろしい怪異が迫ってくる・・・という展開は同様ですが、まあ、相変わらず油断が出来ません。
三津田信三さんの当時の著作の状況や、『どこの~』の反響についてなどがさりげなく挟まれるが故に、微妙に現実的な感じがして、前作の時も「いやいや、これは実話じゃないし、怖がってる自分がアホらしいし!」と言いつつも、だいぶビビりながら読んでたんですけど、本作もやっぱり怖かった・・・。

三間坂氏の実家に怪しい女が訪れ、とある記録があれば買い取りたいと申し出たという。だが、応対した三間坂氏の伯母はその女に朧げな印象しか思い出せないという。実家の蔵を探索した三間坂氏は、いわくつきの住居を無理矢理継ぎ接ぎし建設した〈烏合邸〉という邸宅を調査した記録を2つ発見し、三津田さんと調査を始めるのだが・・・。

「黒い部屋 ある母と子の日記」
烏合邸の「黒い部屋」と呼ばれる部屋に居住することになった母子。
「白い屋敷 作家志望者の手記」
「白い屋敷」と呼ばれる家屋に居住し、怪異に対する記録を取りながら、小説を書こうとしていた青年。
「赤い医院 某女子大生の録音」
「赤い医院」と呼ばれる歯科医院兼住宅を、録音しつつ調査する建築系学科の女学生。
「青い邸宅 超心理学者の記録」
「青い邸宅」と呼ばれる家屋に心霊現象調査のため訪れた女性心理学者は、そこで「サトオ」と名乗る少年と出会う。

どの記録も、尻切れトンボで終わっており、「そ・・・そのあと、どうなったのよ・・・」という不安を煽ります。記録者の心神喪失、失踪、事故、祟り、呪い・・・どれなんだよ!なんでこんなことになって、彼らはどうなったんだ!!という、・・・ねぇ。

それぞれの住居は、アパートの一室だったり純和風の屋敷だったり、和洋折衷の住居兼歯科医院だったり・・・と、全く統一感のないもので、それを無理矢理に集めてくっ付けて建てたという違和感、周りをぐるっと回って何度数えても、継ぎ接ぎした住居の数が合わないという恐怖、近くの丘の上から烏合邸を眺めると真ん中に目があるような気がしてくること、夜になると誰もいないはずの場所に気配がすることなど、とにかくゾワゾワと落ち着かない。

怪談好きな三間坂と三津田は、「読むことで発生する障り」に注意しつつ、時には怪異に追いまわされ、時に居場所を特定されないように身を隠し、様々な手段を取りながら、日常の生活やほかの仕事を進めながら調査を続ける。
そして、4つの記録を通読した三津田氏さんは一つの推論を、三間坂氏に提示する。
〈烏合邸は、存在しなかったかもしれない〉
記録はあるが、ところどころ矛盾がある。これだけ奇異な建築物に関する資料が、三間坂氏が発見した調査記録しかない。
・・・だが、確実に三津田さんと三間坂氏には、障りが生じている・・・。
どちらが正しいとも、はっきりしない所も、怖ろしいのですよ、私には。

三間坂氏と三津田さんの調査も行き詰まり、新たな資料を蔵から探し出して読み更なる怪異に曝される前に、読者から烏合邸に関する新たな情報を得られるかもしれないから、小説化しようということになった。
で、その記録小説を、私が読了したというわけで。
もちろん、烏合邸に一切の心当たりはありません。でも、やっぱり怖いですねぇ。

それぞれの住居の調査をする人々に、ひたひたと迫りくる怪異は、確かに読んでいて怖いです。でもやっぱりですね、記録を読んでいる三津田さんたちに不可解な怪異が迫りくる、という展開が怖い。小説読んでる私に、「障り」はないのか?いや、もちろん、そんな訳ないんですけどね。もしかして・・・?いつか、どこかで、私も怪異に追われるのでは?と、背筋が冷え冷えとしてきてしまうのですよ。・・・我ながら小心者だなあと思うけれど、こればっかりはどうしようもないのです。そのくせ、こういう作品とだいたい予測がついてても読んでしまう。私も三津田さんや三間坂氏と同じ〈怪異譚好き〉の血が流れているのかもしれません。

「黒い部屋」の謎が「白い屋敷」で分かった辺りで、あの母子の精神状態が最初からだいぶおかしかったことが判明、ああやっぱりあの母子の結末はまともじゃなさそうだと推測できてしまって、怖かったですね。
「白い屋敷」でせっかく書いていたはずの小説が、ゲシュタルト崩壊なのか・・・と青年が狂乱したことの解釈が次の幕間でされた時は、ゾッとしましたね。作家志望の青年の、著作への執心がこういう形で表出してしまったとしたら、哀れでもあり・・・。
「青い邸宅」の「サトオ少年」に関しては、最初から違和感だらけだったにもかかわらず、調査者である心理学者が受け入れてしまい、ついその流れで私も受け入れていました。でも、途中から「なんか絶対におかしい」とゾワゾワして、それでも最後の方まで「サトオ」という名前の謎に気付かず、心理学者が気付くちょっと前に分かった瞬間、「うっわ~、ヤバいよヤバいよ…」と怖くなり、一旦本を閉じてしまったことを告白いたします。
結局「サトオ少年」がどんな障りに触れたのかなども分からないまま、記録は終わる訳ですが、だからこそ余計コワイというか・・・。

ああ、気付けば長々と書き綴ってしまいました。
ここはひとつ、本作を見習って、尻切れトンボで。
これにて、レビュー終了。

(2019.12.26 読了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント