『ブルーマーダー』/誉田哲也 〇

誉田哲也さんの〈姫川玲子〉シリーズ6作目。
『インビジブルレイン』の結果、警視庁捜査一課から所轄へ移動した姫川は、暴力団組長惨殺事件を捜査する。捜査線上に浮かびあがったのは、池袋の暴力組織の面々を次々と襲い、不活性化させる殺人鬼、『ブルーマーダー』であった・・・。

いやぁ・・・姫川シリーズってさぁ、殺人シーンが非常にえぐいんですよねぇ・・・。
本作もホントに、まともに想像したら即刻気持ち悪くなりそうなので、ちょっと上滑り気味に読んでました、惨殺シーン。
だって、いきなり鎖骨を叩き折って抵抗できなくする・・・ってそこからもう痛いですもん。
そのあとグチャグチャに骨叩き折って丸めて・・・とか、ホントえぐすぎるわぁ。
こういう事件にばっかり遭遇する姫川って、やっぱりなんか「ある」んでしょうかね、引き合うものとか、そういうの・・・。
ガンテツだったら面と向かって色々言いそうです・・・ていうか、似たようなことはしょっちゅう言ってますね。

現在進行形で進むブルーマーダーの犯行、犯人一味らしき男とたちの淡々としたそれでいて妙に温かい関係、事件を追う姫川たち、そして後半乱入してきてブルーマーダーの正体とその真意に迫るガンテツ。
『ストロベリーナイト』から続くガンテツと姫川のやり取りは、ガンテツの口の悪さがつい先立ちますが、ガンテツはガンテツなりに「警察官としての正義」というか「己が信じるものへの筋の通し方」があって、姫川もそれなりにガンテツの存在を認めているんですよね。反面教師な部分も多々ありますが。

本作は、ブルーマーダーが暴力(惨殺)で池袋の混沌裏社会を不活性化させた、そしてそれを逮捕するために多くの警官が地道な捜査を続け、逮捕には姫川が現場に単身乗り込んでいった、というブルーマーダー事件の解決を描いた本筋と、何故ブルーマーダーが殺人を犯すようになったのか、そしてその更に背景にあった7年前の「組織犯罪対策部」設置に絡む警察組織内部の醜い動き、などが描かれていて、読んでいて正直「警察は清廉潔白な組織ではない」ということを思い知らされてしまいました。
もちろん、日々犯罪と対峙し市民を守ってくれるのも警察だし個々の警察官にもいろいろあるのだから、一括りにしてはいけないし、不信を持ちながらも、やはり警察を頼りにもしているのですが。
組織、というものの難しさを思い知らされましたね。

まあ、そんなマジメな感想もありながら、ストーリーの最初と最後に姫川と井岡、そして姫川と国奥との軽妙なやり取りを持って来る誉田さんの絶妙な匙加減にも、楽しみを覚えたりもしたのでした。
井岡からの着信を見た途端げっそりする姫川には、毎度ながら苦笑。しかも最後に「ビッグニュース!」とばかりに開示した情報が、「菊田の結婚」って(笑)。知ってるよ、さっき奥さんとも対峙してきたよ!と私もツッコミ入れてしまいました。
井岡は姫川とどうこうなるというのは絶対にないんだけど、このシリーズには必要不可欠な存在ですよねぇ(笑)。

そうそう、菊田の結婚ですよ。
あっちゃ~、結婚、しちゃったか~。
あれだけ「主任、主任」ってかなり重たい感情を抱いてたけど・・・。まあそれだけに、ここで別の人と結婚して姫川とは新たな関係を築く方が、いいのかもしれません。奥さんも可愛いながら、警察官として芯がありそうな女性で、案外今後姫川と関わるかもしれません。あったらいいな。

今後、姫川が捜査一課に戻って新たな姫川班を発足させるのか、もう少し所轄で活躍するのか、どうなるのかは私は知らないのですが、このシリーズは読み続けたいなぁ。姫川の強さと弱さ、ガンテツの言及する危うさ、とても魅力です。

(2020.05.19 読了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント