『氷獄』/海堂尊 ◎

あの【バチスタ・スキャンダル】の裁判を描く『氷獄』
・・・実をいうと、「え~、今更バチスタ・スキャンダル??」って一瞬思ってしまいました、ワタクシ。
ホント、海堂尊さん、ごめんなさい!
この物語は、〈桜宮サーガ〉には絶対必要なエピソードでした・・・!

表題「氷獄」(中編)と3つの短編からなる本作。
今まで発表されてきた〈桜宮サーガ〉の物語の合間を縫うようなストーリーや登場人物の別の側面が描かれていたりして、〈物語の登場人物たちの人生は続いていて、そしてその後(あるいは物語以前)が読める〉という、私の大好きな展開になっています。
この〈桜宮サーガ〉は、登場大学医学部病院を中心とした「医療と現実の壮大で重厚な歴史絵巻的」になっちゃってて、〈一見さんには優しくないシリーズ〉と評価されることもあるんですけどね。私は、ワイドショーの「あのときのあの人は今!」的なノリで追っかけてる部分もあるシリーズなんですよねぇ(笑)。
私が、海堂さんの作品を初めて読んだのは『螺鈿迷宮』なんですが、あれからもう13年ですか・・・びっくりです。その間に、現実世界でも物語世界でも、色々なことがありました。今現在、世の中を蔓延している〈新型肺炎・コロナウィルス〉とか、そういえば『ナニワ・モンスター』で新型インフルエンザ・キャメルが流行したっけ・・・なんてことも思い出しました。

「双生」
碧翆院の双子女医・小百合とすみれの研修時代。指導医は田口センセ。
「星宿」
髄膜腫の少年・亮の願いを叶えようとする、小児科看護師・如月翔子の奮闘。
「黎明」
東城大病院ホスピスで起こった、ニセ患者事件とその真相。
「氷獄」
バチスタ・スキャンダルの被疑者の弁護を請け負うことになった弁護士・日高正義。
彼と検察の戦い、被疑者・氷室の思い、医療と正義と司法。

久し振りに白鳥がそれなりにガッツリ出演してましたねぇ、「氷獄」
相変わらず、白鳥登場とともに物語が猛スピードで進み始めるので、アップアップしながら読んでました。
田口センセは全編通してちょっとずつ出演。しかしどうして病院関係者以外から見ると、田口センセって「有能な切れ者」ぽく見えるんですかね(笑)。いや、確かに「東城大病院の良心」であり続けるだけの底力もあるし、患者に寄りそう医師としての強さや優しさもあるし、何より白鳥の一番弟子だし(笑)・・・。だけど結局、アンラッキー中年なんですよねぇ、田口センセって。
いやいや私、田口センセ大好きですよ?トホホな一般人代表って感じが、ホント。

『チーム・バチスタの栄光』を読んだ時、氷室を「病んでいる」と評したのですが、その辺が明らかになることは本作の目的ではなく、何と驚きのラストが・・・!えぇっ、それってありなの?ていうか、大問題じゃないの?実際大騒ぎになったんじゃないんだろうかとか・・・色々心配になってしまいました。
日高弁護士の元にいつかは、白い服を着た殉教者は、現れるのでしょうか。

そういえば日高弁護士は、メインキャラなのに二つ名がありません。海堂作品では、今までなかったんじゃないかしら。ただ、本名の「正義(’まさよし’ではなく、本当に’せいぎ‘と読む)」が既に、名は体を表す、なのかもしれませんね。

おなじみの田口センセや白鳥や彦根や藤原看護師だけでなく、便利屋の城崎やダジャレの佐藤ちゃんやシエスタ・猫田師長などの消息も知れて楽しかったです。

ところで。
「黎明」のラストで、「旧病院棟全体がホスピス施設として生まれ変わり」という記述があるんですけど、これはまた新しい事件?なんでしょうか。
これは、まだまだシリーズが続いて行くということでよろしいでしょうか、海堂さん!!
楽しみに、待っています!!

(2020.05.26 読了)

※とうとう、ウェブリブログもトラックバック機能が無くなってしまいました(T_T)。
ブロガーさんにご許可頂いたレビューをご紹介します♪
☆おすすめです!☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント