『機巧のイヴ ~新世界覚醒篇~』/乾緑郎 ◎

いやぁ、スチームパンクっていいですよねぇ!
重厚な雰囲気があるのに、登場人物たちの動きは鮮やかな活劇で。
乾緑郎さんの『機巧のイヴ ~新世界覚醒篇~』も、とてもカッコよかった・・・!
本作の物語は、前作『機巧のイヴ』 から約100年後の新世界大陸(アメリカを模しているらしい)の「万国博覧会」開催を巡って起こる様々な事態の中で、動かざる機巧人形の伊武が動き出すことで始まります。

万博準備に沸くゴダム市だが、開催を1年後に控えて工事などの準備は遅々として進んでいない。
その中でほぼ唯一完成に近づいている日下國館の目玉展示品が、機巧人形の〈伊武〉であった。
日下國館建設職人見習い・八十吉、とある目的をもって通訳として日下國館へもぐりこんだ元軍事探偵・日向、万博の理事を務める巨大鉄道会社の社主・ゴーラム、万博の電氣供給事業への参加を目論むフェル電器の社主であり女性発明家のM・フェル、・・・その他にも多くの登場人物たちが、伊武やゴーラムの所有する「スリーパー」という機巧人形(動かない)を巡って、様々な活劇を繰り返す。
突貫工事で何とか開幕した万博は、大観覧車の崩落・大統領の死亡・電気館の全壊という最悪の事態を迎え、そのさなかに伊武たちはゴダム市を、そしてゴーラムの包囲網を脱出。

色々なことが起こりながら、伊武と天帝(スリーパー)の再会や日向の過去、八十吉の出自、フェルの思いの変化などが複雑に組みあがり、物語は進んでいきます。
八十吉や日向の戦闘のスピードと鮮やかさ、手に汗を握りますねぇ!特に、〈馬離衝(バリツ)〉という架空の武術を駆使して、身近にあるものを武器として活用し容赦ない攻撃を繰り出す八十吉。そのくせ伊武の前では、年頃の少年そのものに照れたり動揺したり。そのギャップは、なかなか魅力的でしたよ~。

タイトルに伊武の名前は入っていますが、伊武が主人公というよりは、伊武を巡っての群像劇?だったのかな。
日向の過去も凄絶だし、日向を襲ったホテル主人・マードックの性癖は怖ろしいものだし、かなりの美人なのに瓶底眼鏡をかけなくては頓珍漢な動きしてしまうフェルという笑いも織り込み、完全な悪役に見えたゴーラムにも最後にちょっとした救いを与えながらも陰惨な最後を与えたり。
伊武自身はそんなに動いてないし、人間性の目覚めというのかな・・・前作ほどに「この子かわいいわ~」というような表現はあまりなく、もうちょっと伊武自身の進化を追及して欲しかった気も・・・。
あ、そんな中で伊武が胸パッド付のコルセットに未練がある、というシーンはかわいかったですねぇ。完璧な美貌を誇る機巧人形でも、豊かなお胸が欲しいのね・・・(笑)。

電器会社の社主であり発明家であるフェルが、最初は万博の電氣供給会社に選ばれようというビジネス観から始まったスリーパー研究から、伊武と出会い伊武に「お友達」と呼ばれて、伊武やスリーパー(天帝)への思いが〈もの〉から〈ひと〉に代わって行ったのが、とても素敵でした。
最後には、伊武の脱出に力を貸し、伊武と八十吉の帰国の費用を出し、いずれ日下國でフェル電器の日下法人を設立し、その後は機巧師となりたいと思うまでに、変わって行った彼女。続編出も出てきてくれたら嬉しいなぁ。
本作の中で、一番好きなキャラです。

ところで、八十吉は前作の「伺見(天帝に仕える忍)」の春日の子孫ではないでしょうか。
毎晩、伊武の姿を眺めるためだけに十三層の最上階に忍び込んでいたのは、「天帝と同じ機巧人形(伊武は天帝と親交があったし)」にに対して、焦がれるような気持ちがあったからだと思うんですよね。
ずっと機能停止していた伊武を八十吉が起動出来たたのは、「機巧人形を動かすのは深い気持ちを向けられていること」(すみません、読んでる時になるほどと思ったのですが、正しくは記憶してないため、表現として違うかもしれません)という条件を満たせるだけの感情を伊武(を通して、まだ見知らぬ天帝)に向けていたから・・・、という感じで。
だったらいいな、と思いました。
物語の最後に、八十吉と伊武が日下國に戻って一緒に天府へ行く、という展開になりました。
万博混乱のさなかに日下國館を脱出した天帝の行方も、気になります。
これは続編が楽しみですね!

(2020.06.23 読了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年06月24日 15:29
「スチームパンク」というジャンル名を初めて知りました。

私が読んで記憶に残っている「スチームパンク」はキース・ロバーツの『パヴァーヌ』。20世紀、法王庁の下で科学は弾圧され、蒸気機関車だけが発達した「もう一つの欧州」の物語。
なかなか難物でしたが、本当に読み応えのある作品でした
2020年06月25日 21:23
todo23さん、ありがとうございます(^^)。
私は結構<人を模した機械>の物語が好きで、このジャンルのカッコよさに惹かれてます♪
海外作品はほとんど読んでいないし、日本作品もそんなに読めてはいないのですが(笑)。
そんな中で、おススメは伊藤計劃・円城塔の『屍者の帝国』ですね~。
マンガに『鋼の錬金術師』というのがあるのですが、ご存知でしょうか、アニメにもなりました。こちらも面白いですね!