『友達未遂』/宮西真冬 ◎

イヤミス感たっぷりの表紙にちょっと腰が引けつつも、「書評では爽やかな余韻ってあったし・・・」と読み始めた、宮西真冬さんの『友達未遂』
読み始めたら、痛いのなんのって・・・、グイグイと読まされました!すごい!!

山の奥にある、全寮制の私立女子校・星華高等学校。
寮では、三年生と1年生が同室となり、マザー・チャイルドとして世話・指導・保護される関係が築かれる。
家庭の事情で星華に送り込まれた茜、そのマザーで生徒会長で伝説のマドンナと言われた恵子の娘・桜子、美術コースのエース・千尋、そのチャイルドでとある目的をもって美術コースに進学してきた真琴。

ちょっとしたトラブルはありつつも、穏やかな女子高生活が始まった…ように見えたが、いくつもの事件が重なり、生徒たちの間には疑心暗鬼が生まれ始める。
上品で優しく美しい、理想の上級生である桜子は、それに苦悩しているように見えたが、実は…。
桜子のチャイルドであることをやっかまれている茜は、トラブルに巻き込まれつつ、桜子の実情の一端に触れてしまう。
サバサバした性格で桜子とは別の方向性で慕われている千尋の、砕かれた自尊心。
真琴の目的と、その為の暴走。

創立100年以上の伝統校、受け継がれる習慣、代々星華に進学する娘たちを「純血」と呼びそうでない者を蔑むOGたち。
それらに縛られ、息苦しい中で、どうにかして自分たちの在り方を模索し、〈いま〉を生きていこうとする彼女たち。
彼女たちの身の中で「真の自分を認めて欲しい」「誰かに本当に必要とされたい」という思いがマグマのように沸き噴き上がり、感情を持て余しコントロールを失いながらも、何とか真っ直ぐに生きるすべはないかともがき苦しむ。

真琴の暴走を助長した桜子、2人を止めようと密かに動く千尋と茜。
暴走の結果が開示される直前で、「あんたの才能をこんなことに使うのはもったいない」と止めた千尋と茜。
互いが、互いを大切に思い、間違いを繰り返しながらも後悔と贖罪を重ね、そして迎えたラストの清々しさ。

きっと、彼女たちの絆は、本物。
傷つきながらも、自分の道は自分で切り開いた彼女たちの、強さと美しさが、素晴らしかったです。

(2020.11.22 読了)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント