『零號琴』/飛浩隆 ◎

いやあ、壮大というかもうホント、大変でしたわ~。
『グラン・ヴァカンス ~廃園の天使Ⅰ~』で私の心をわしづかみにした飛浩隆さんの『零號琴』、SFでファンタジーでしかも世界観説明がないままに物語が始まるもんだから、世界観が朧げに出も見えてくるまでずっと、「???」が私の頭の中をピヨピヨと飛び交っておりました。

とてもとても、未来の話。
人類が遠く放った探査船が銀河の果てで補足され搭載された〈行ってしまった人たち〉の科学・文化その他は、人類の宇宙進出を飛躍的に広げた。
様々な役立つ事物を残して、自らはきれいに姿を消してしまった〈行ってしまった人たち〉の遺構を利用して、人々は生きている。
数多ある惑星の一つ『美縟(びじょく)』は、文化生誕500年の記念祭を迎えようとしていた。500年祭を機に美縟全土から〈美玉鐘(びぎょくしょう)〉が出土し、大小さまざまなその鐘を都市全体に配置し演奏することで、美縟独自の文化である〈假面劇(かめんげき)〉を執り行うことになっていた。
宇宙規模の大富豪・フェアフーフェンに招かれその假面劇に参加させられることになったトロムボロクとシェリュバンは、美玉鐘再建とその演奏・假面劇の開演に向けて奔走する美縟の住民たちと活動することになる。
国外から呼ばれた名演奏者ヌウラ・ヌウラ、時艦通信社の鎌倉ユリコ記者、フェアフーフェンの娘で劇作家のワンダ、ワンダの兄フース、様々な人物の思惑が入り乱れ、作中劇と物語も侵食しあい、更にはクールジャパンな日曜アニメや戦隊もの、某・銀と赤の巨大戦士のモチーフまで登場し、物語は複雑を極める。
大筋の外側ではトロムボロクの出生の秘密や、シェリュバンとの因縁ある絆、美縟生誕の真実、フェアフーフェンの陰謀なども渦巻く。

・・・と、言うわけで、とにかくすごい物語でした。

で、終わる訳にもいかないので、ホントに参りますわ(笑)。
シェリュバンが第4類形態、というのも何の説明もなく始まりますからね。
第4類形態ってなんぞや??何でそんなに強いの?・・・・惑星入植のために人体改造した末に、結局入植を断念した末にとんでもなく改造された姿を人の形に何とか戻した…って、どんだけすごい科学(医療?)技術なんだ・・・。

トロムボロクが、難破した宇宙船から楽器の中に保護されていた乳児だった、と言うのも凄いエピソードなんだけど、実は出生前にその体を幾つもに切り分けられ、特殊楽器技芸士としての活動をしながらそれを取り戻そうとしてるというのは・・・これアレですよね、『どろろ』ですよね(笑)?

常人離れした能力(異能も含む)を持つ人物たちが所狭しと飛び回り、高度な陰謀が駆け巡り、美縟という特殊な環境(梦卑(むひ)による不死や假面の相対能)下における、惑星の人々皆に共有される劇の実体感などが疾駆する・・。
こんな物語を構想した飛さんと言う作家さんが、怖ろしい。
とにかく情報量がとんでもなく多くて、私が取りこぼしたネタはたくさんあるだろうし、私が消化できてないエピソードもたくさんあるのは分かってるのですが、言及しきれないのですよ。
是非、読んで私の困惑をご理解いただきたいものではありますが、いかんせん600ページを超える超大作。
興味があり、SFやファンタジーに理解があり、心身に余裕がある方には、おススメです(笑)。
いや、実際面白かったです。これは、ホント。

(2020.12.18 読了)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント