『古生物 ビジュアル大図鑑 ~生命誕生から古生代まで 進化の謎と生命の神秘に迫る!~』/洋泉社MOOK ◎

先日『わけあって絶滅しました。』を読んで、なんて残念で愛おしい生物たちよ・・・と思ったものですが、こちらの『古生物 ビジュアル大図鑑 ~生命誕生から古生代まで 進化の謎と生命の神秘に迫る!~』は、CG復元イラストで描かれる、オールカラー図鑑です。真面目です(笑)。
これ・・著者は誰だと言えばいいんだろう?・・・執筆・編集・CG制作・・・色々な方がいらっしゃるようなので、洋泉社MOOKで括ることにしておきます。

内容はもう、タイトルに全部書かれちゃってます(笑)。
つまりは古生代(5億4千年前~2億5200万年前)に生息した生物たちの中で、代表的なものを取り上げてCGイラストで描き出し、説明書きがあるという、オーソドックスな図鑑スタイルそのもの。
人類が誕生するずっと前というか、ほ乳類が誕生してない頃のこと、我々の想像を超える形状・サイズ感(大小ともに)のこの生物たちを眺めていると、なかなか面白いです。
なんでこんな形に?何でそんなに大きいの?えッ、メタリックなの?!扁平な頭に寄り目って、微妙にかわいいじゃないの・・・などなど、楽しい驚きに満ちてましたねぇ。

謎な形状の生物が多いんですが、その中でも群を抜いて謎なのは、カンブリア紀のオパビニアですね。目が5個。・・・何故に奇数(目は対になってるべきという私の固定概念か、4つだったらそんなに謎じゃなかったかも?)。象の鼻みたいな触手、口は体の底面にある。謎だわ~その形状、謎過ぎる(笑)。
デボン紀のミメタスターも、何の種類か全然わからないところが凄い。虫?甲殻類?無駄に多い付属肢とか、ちょっと空想上の宇宙生物ぽっさもあり、想像力を掻き立てられますねぇ。
そして、何故かメタリック塗装(笑)で描かれてしまった、カンブリア紀のカンブロパキコーペ。巨大な複眼(しかも1つだけ)、アリのような形状、しかし後部にはオール状の付属肢。パッと見、エイリアンなのですよ。そんな人体の腹部を突き破って出て来そうな外観のくせに、体長1.5ミリとか、なんなのもう、笑える。

しかし、笑えないというか怖い生物も多いのですよ。カンブリア紀を代表する「アロノマカリス」。あの外観で1メートルもあるとか、恐怖ですね。あれとばったり出会ったら、私泣いて逃げますね。しかも逃げ切れない気がする・・・怖ーい。肉食かどうか知らないけど。
三葉虫系統も、やっぱりちょっと怖いかも。G退治、できますけどね?10センチ以上あったら、やっぱりちょっとねぇ。

異様に扁平な頭につぶらな寄り目の魚類系や両生類系なんかは、ちょっとかわいいかも・・・と思ったりしました。
どうも私は、見慣れない外見の中でも、「目」の位置や数、頭部に対しての大きさなどが気になるようですね(笑)。

古生代の6つの時代、それぞれの自然環境に合わせた生物たちが、進化し・隆盛を誇り・衰退し・・・を繰り返し、大絶滅が2度も訪れる。
人間どころか哺乳類もまだ姿を現していないこの世界の生物たち、なかなかに面白かったです。
たまには、こういう図鑑のようなものも楽しいですね。

(2021.02.22 読了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント