『三千円の使いかた』/原田ひ香 〇

人によって、三千円の価値はそれぞれ。
御厨(みくりや)家の祖母・琴子、母・智子、長女(既婚)・真帆、次女(独身)・美帆、それぞれにとっての〈お金とは〉を緩やかに描く原田ひ香さんの『三千円の使いかた』、それぞれ違う彼女たちの事情、考え方、その考え方の変わって行く様子、興味深かったです。

アラフィフで主婦の智子の章が、一番刺さったかな~。
離婚したら、生活ってすぐに立ち行かなくなっちゃうという、その計算のリアルさ・・・怖いわぁ。
離婚したいとかそういうことじゃないんですが、主婦だと年金も少ないし、生活費って結構かかるし・・・老後のぼんやりとした不安がはっきりしてしまった感じ。
それと、家事をしないダンナというねぇ・・・、うん、今まで教育してこなかった私が悪いんですけどね、教えるの面倒臭くて・・・ははは。

真帆は堅実ですねぇ。証券会社で働いていたこともあるからかな。とはいえ、彼女のプチ稼ぎの方法は、私にはちょっと無理だな。手間の割に、成果というか結果が虚しいというか。いや、お金入ってくるし、いいのかな・・・。ううむ。

琴子も、一千万円をあちらの金融機関からこちらの金融機関に移し替え・・・でマッサージチェアを買えるだけの差額を得たっていうマメさには、頭が下がりますね。それよりも「価値のあること(人に感謝される)」に気付いて、「73歳のハローワーク」するそのバイタリティも素敵です。
そして何より、植物を育てるのが上手いの、うらやましいわぁ。あまりストーリーに関係ないかもしれないけど。
ベランダのハーブすら枯らしてしまう私からすると、園芸コーナーでまとめて600円というちょっと難あり苗を買って(ほかの人と半分こしたんだけど)うまく育てるって、奇跡の技ですもん。

美帆が浪費・・・でもないけど、もっとうまく使えばいいのに、というお金の使いかたから目覚めて、堅実路線になって来たのもよかったな。若いお嬢さんがお金というものに対して自覚を持てるのって、いい事だと思う。

ただ、最終章で多額の奨学金返済を抱えた彼氏との関係をどうするか、という話になって、結局祖母や父母からお金を借りたり貰ったりして解決したのは、良かったのかなぁ?って思ってしまいますね。奨学金の機構へコツコツ返済していくより、一括返済して年利1%で祖母に返す方が大分安くなるってのは、いい話ではあるけど、「彼氏の奨学金」を解決するのが「まだ結婚もしていない美帆の家族」って、どうなの?って。
一応結婚前提とはいえ、何があるかわからないんだし。

さらに言えば、彼氏の家族。結婚したいという女性があいさつに来たというのに、ずっとTVを見てる父親、その横でゲームに興じる兄弟、借金があっても気にしないとか、息子の学費なのに本人に何も言わず限度額いっぱい借りて、あとになって「お前の奨学金なんだから自分で払いなさい」とか…私的には、全くもってあり得ないですね。なんか、結婚したら、変なところでアテにされそうで怖いですもん。
それに、なんか感覚が違うんじゃないかなぁ。愛だけでは乗り越えられない、しっかりとした相互理解(話し合い)が必要な、家族に対する考え方がありそう。大丈夫なのかしら、オバチャン心配だわ。

御厨家の4人の女性+琴子の友人?である安生の彼女・きなりは、しっかりしてる(美帆は徐々にしっかりしつつある)のに、男性陣の頼りなさよ・・・って思っちゃうんですよねぇ。
安生は結婚にむかないフワフワしたフリーターだし(それでもいいってきなりは言うけど)、真帆の夫もイケメン消防士だけどお金の話になると全然理解がついていけてないし、智子の夫も家事ができないしやろうという発想もないし、何より美帆の彼氏・翔平の奨学金問題&家族の対応を普通に受け入れちゃう感覚とか、どうにも、私とは相いれない感じがする・・・。いや、智子の夫は私のダンナに似てるから相いれないというか、あきらめの溜息というか…なんだけど。

なんだか、とりとめのない感想になってしまいましたが。
最近ちょっと〈お金〉について考えるようになってきた身としては、いろんな考え方や肌感覚があるんだな、と感心しました。
そして、私は〈心の栄養になるお金の使い方〉をしていきたいなと思いました。

(2021.03.23 読了)

 ※とうとう、ウェブリブログもトラックバック機能が無くなってしまいました(T_T)。
ブロガーさんにご許可頂いたレビューをご紹介します
☆おすすめです!☆


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

苗坊
2021年03月25日 22:50
こんばんは^^
自分のためにもなるいい読書でした。
確かに女性が主役だから気づきませんでしたけど、出てくる男性陣誰もかれも頼りなかったですねー。
若いと尚更そうなのかもしれないですね。
私は昔からケチ精神なので尚更美帆の彼氏の家族には嫌悪感しか感じませんでした。お金もそうですけどマナーというか礼儀というか。
『お金や節約は、人が幸せになるためのもの。それが目的になったらいけない。』という言葉を大切に、今も老後もちゃんとお金と仲良くして生きていこうと思います^m^
2021年03月26日 19:25
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
私もケチ(節約家?)なので、美帆の彼氏の家族のいい加減さには、終始イライラさせられましたね~。私には絶対無理です。

この物語を読んで、「お金と仲良くする」って、大事なだな!と思いました。「いい使いかた」は人それぞれですもんね。
2021年05月28日 10:41
水無月・Rさん、こんにちは!
実は、昨日こちらにお邪魔して、この記事を探しまくったんですが、何が悪かったのか、ヒットできなくて、諦めて帰ったんです。
だからコメント頂けて、良かったー!

記事拝見して、なんか私じゃないか?って位、同じ感想で笑っちゃいました。

ちなみに我が家も夫は家事とか何もしないです・・・。

>彼女のプチ稼ぎの方法は、私にはちょっと無理だな。手間の割に、成果というか結果が虚しいというか。
 これも同じ。ちょっとやる気になれない・・・

あと、琴子さんの契約してはすぐ解約するとか、大金移動とか、これも私も何だかやらないなあ・・

そしてなんといってもラストの奨学金とその親の件!
相手の親が変過ぎる。これは心配ですよー!!
今の処(まだ交際1年よね・・?)彼は良い人みたいだけど・・・・

と、なんだか否定ばかり書きましたが、とても面白い本で、夢中になって読みました♪
2021年05月28日 17:57
latifaさん、ありがとうございます(^^)。
私も、latifaさんの記事を「同じ!同じですよ!」と盛大にうなづきながら読んでました。
ちまちまお金を動かしたり、工夫するのが面倒くさい(笑)。
そして、美帆の彼氏の奨学金問題には、???と。
私だったら、息子の交際相手の奨学金返済には、手を貸してあげたりはしないなぁ。いや、よっぽど信用置けるとか、息子と結婚してるとかならまだしも・・・、ねぇ。

とはいえ、〈お金との良い関係〉について、考えさせられた、面白い本だったと思います。