『メルサスの少年 ~螺旋の街の物語~』/菅浩江 ◎

私の中では、〈ひと〉と〈機械〉の狭間で揺れ動くものたちを描くSFファンタジーが菅浩江さんの最も美しいジャンルだと思っていたのですが、そんな思い込みを打ち破って〈少年少女の迷いと懊悩に満ちつつも、清々しい成長〉を描いた作品でした。
いやぁ、素晴らしかった。なんというか、とても胸に迫る作品です。
『メルサスの少年 ~螺旋の街の物語~』は、私の好みにピッタリの、幻想的で美しく力強い物語でした。読んでいて、とても心地よかったです。

貴重な鉱石を産出するパラサ鉱山のほど近くに存在する、すり鉢状の歓楽の街・メルルキサス。
そこに住まうのは、身体的変化(人間と動物などのハイブリット形態)を遂げた遊女たち。すり鉢の底から反転して広がる地下空間には、身体的変化を迎える準備をしながら暮らしている乙女たちがいる。
身ごもるはずのないメルルキサスの女から生まれた唯一の子供・イェノムは、街の女たちに可愛がられ揶揄われ、いつまでも子供扱いされることに不満を持っていた。
日常に不満を持ちつつも平和に暮らしていたイェノムと、穏やかであったメルルキサスに訪れた危機。それは、世界支配を目論むトリネキシア商会の、パラサ鉱山の強行採掘と地下の乙女の一人であるカレンシアの引き渡し要求だった。

迫りくる圧力から逃れるすべも、交渉する余地もない彼ら。
子供であるがゆえに情報から隔離され、街唯一の男として何かしたいともがいても、叶わないイェノム。
地下空間に放牧される生物・ラーファータの時季外れに生まれたトクウも唯一の牡で、イェノムならトクウの言葉が分かり、この事態を打開できるのではと言われているのに、いつまで経ってもその言葉が理解できない歯がゆさ。
障害なく真っ直ぐに成長していくのではなく、希望を打ち砕かれ、惑い、自棄を起こしたりしながらも、あがいてあがいて道を切り開こうとするイェノムを、いつの間にか応援していました。

「からくり華燭期」「欠落の時代」「新・文化期」そして「新しい時代」。テクノロジー繁栄、その飽和崩壊、テクノロジーの再発見と悪用・・・、繰り返す歴史は螺旋状に昇って行きます。
螺旋と言えば、遺伝子の構造でもありますね。女たちの身体的変化は、たぶん遺伝子操作。
この、ロストテクノロジーの歴史が繰り返し、部分的に残った技術が栄えている街、という壮大な歴史ロマンSFな設定も素敵でした。

砂時計の形状を成すメルルキサスもまた、繰り返す時代の象徴なのかも。イェノムは両方に出入りできる数少ない人間。
子供扱いされ、情報から隔絶されることに怒っていたイェノムだけれど、大人たちの実情を知るにつれ、その醜さに嘆くことになる。そんな彼が迎えた、街の危機。
予言者の孫・カレンシアを心の支えに、時季外れのラーファータの仔・トクウという特別な仲間と共に最終的には事態を打開する、そんな清々しいラストがとても嬉しかったです。

鉱石の山から大きく剥ぎ取られたパラサンサ結晶が溶け出すシーンは、何故か水銀を思い起こさせました。
美しいけれども、有害な物質。それが粘液状になってすり鉢の街にゆっくり侵攻してくる光景は、幻想的だけれど、怖ろしかったです。

ストーリーも美しくてとても素敵でしたが、描写もまた素晴らしかったですねぇ。
特に、地下空間の回廊の描写に使われた、薔薇輝石・雪花石膏・簾石・琥珀などの装飾やモチーフ、最下層の草原の柔らかな草、気持ちのいい風。知らない単語を調べながら、私の脳内に優雅で美しい光景が見えてきました。
身体的変化を遂げた女たちの描写も生き生きとして、美しさと明るい猥雑さがうまくミックスされており、さっぱりとした彼女たちの気性が伝わってきて、とても気持ちよかったです。

メルルキサス再建を任された、イェノムとカレンシアとトクウ。これから彼らは、この街をどう支えていくのか。
カレンシアの祖父・カレム翁は、混乱を極める〈都市〉をどう統率していくのか。
物語は、そこまでは語っていません。
読後も、その先を想像しては心躍りました。
とてもよい物語を、読みました。

(2021.04.21 読了)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント