『森見登美彦リクエスト!美女と竹林のアンソロジー』/森見登美彦ほか 〇 (アンソロジー)

まず最初に、こう宣言しておかねばなるまい。
〈モリミーと言えば竹林、竹林と言えば美女。そして、美女と竹林は等価交換なのである。〉
本アンソロジー『森見登美彦リクエスト!美女と竹林のアンソロジー』のリクエスト者である森見登美彦氏も、名著『美女と竹林』でそう宣言しているのでございますよ。ならばワタクシも、そう心してこのアンソロジーを読まねばなりますまい。
モリミー本人を含む10名の作家が自由奔放に、〈己が竹林と美女〉を追求し描き切ったこの短編集、幽玄であり奇怪であり恐怖でありほんのりファンタジーであり。奥深きは、真っ直ぐに生え繁る竹・竹・竹・・・。そして、それでも残る美女のインパクトよ。

「来たりて取れ」阿川せんり
竹といえばパンダだよね。妄想の末暴走したOLは、上野にたどり着く。
「竹やぶバーニング」伊坂幸太郎
美女ビジョンを駆使して、かぐや姫を探せ!
「細長い竹林」北野勇作
路地状の竹林をたどっていく。
「美女れ竹林」恩田陸
子供のころ竹林で美女らしきものを見た。
「東京猫大学」飴村行
東京猫大学の学長が、入学式で大演説。
「永日小品」森見登美彦
新年会の日、裏山の竹林に迷いこむと、パラレルワールドに繋がって・・。
「竹迷宮」有栖川有栖
久しく会っていない友人の逼塞する家を訪れると、彼は竹林から様々なものを得ていて。
「竹取り」京極夏彦
友人は、竹林に映る美女に心を奪われている。
「竹林の奥」佐藤哲也
世界が〈とある植物〉に侵食されつつある世界で。
「美女と竹林」矢部嵩
『竹取物語』と『美女と野獣』と、本家モリミーの『美女と竹林』のパロディというかオマージュというか。

私の中の竹林像を、何とかモリミーから引っぺがして(笑)、構築してみる。
さらさらと、涼しげに優雅に鳴る葉音。すっくりと伸びた、清々しい緑の色合い。
清澄で、心洗われるような光景。
・・・いやまて、何か不穏さも感じないか?何かが潜んでいそうな気もする。
そう言えば実際、私が中学生の時通学路にあった竹林とも言えないような竹やぶは、なんとなくその横を通るとき、息を潜めて通っていなかったか?
・・・どんどん不穏方向に記憶や創造が膨らみそうなので、この辺でやめておきます。

どの作品も、それぞれに魅力的だったのですが、京極さんの「竹取り」はやはり、グイグイと惹き込まれましたね。
影の薄いというか「生きる意志の薄い」友人を訪ね、その彼の竹林に囲まれた家に行くが、どうもその友人の様子がおかしい。
こちらも実は、まだ話し出せていない事情がある。ぽつり、ぽつりとそれを語ると、彼は近隣の家に世話になればいいという。
心ここに在らずな彼が、ずっと見つめている円窓の外。そこに、竹に映る女がいて、彼はそれに囚われているというのだ。
その女の側に行くと言って、彼は・・・。
そして、「私」はその庵に棲むことに決めた。
竹に映る女も怖ろしいし、その女に心囚われてそちら側へ行ってしまうという心理も怖ろしいけれど、何より「友人の姿が消えたその庵に棲む」ことに決め、たぶん竹林に映る世界を見、そちら側へ行くことを望んでいるのだろう、いや、決意してるのだろうというということが怖い。一線を何の躊躇もなく超えた「私」に、そちら側への入り口はいつ開くのだろうか。

偶然ですが、先日読んだ『碆霊の如き祀るもの』にも、竹林での殺人トリックがありましたが、竹林って不穏なものを孕んでいるのかもしれませんねぇ。真っ直ぐすぎて、何か人知を狂わせるものがあるのかもしれません。

矢部さんの「美女と竹林」は、パロディというかオマージュというか・・・、なのに何故か微妙に間違ってる方向に行ってしまうのは何故なんでしょうか(笑)。
そういえば〈竹林に2億〉って、なんかそういう事件ありませんでしたっけ?私が子供のころ、竹やぶで数億円が発見され、結局所有者が見つからなかったとかなんとか・・・。
まあ、美女と竹林美女が幸せになれるなら、何でもいいですよね(笑)。
とりあえず、さりげなく机の上に〈机上の竹林〉があったことにニヤニヤしました。やっぱり私も欲しいな、〈机上の竹林〉。

伊坂さんの「竹やぶバーニング」は、そういう不穏さや事件性とは一切関係なく、すっとぼけた展開で、更に小さいかぐや姫の大活躍というアクションにワクワクしました!美女ビジョンにも笑わせていただきましたわ~。伊坂さんらしいスピード感のある物語運びが楽しかったです。

「美女と竹林」という、かなりマニアックなテーマにこれだけの作家さん達が集うなんて、すごいアンソロジーですよ。

(2021.08.22 読了)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント