『ピュア』/小野美由紀 ◎

読み始めて早々に、「あ。私こういうストーリー好きだわ」と思いました。
超絶文系のくせに、未来のテクノロジーを描くSFやファンタジーが大好きな私。
更に本作『ピュア』は、物語の奥底に物悲しい美しさを湛えていて、私の嗜好をいたく刺激したんですよねぇ。
小野美由紀さんって初めて読む作家さんですが、他の作品もこんな傾向なのかしら。読んでみたいですね。あとで調べてみようっと。

表題作「ピュア」は、悪化した地球環境に適応できるように人類を改造したが、その真価を享受できたのは〈女〉だけ、男はひ弱な体のまま地上で労働し、女に精を与えたのち喰われることで栄養分となり受精強化の基となる。そんな遠い未来で〈特Aランク〉の遺伝子を持つ少女たちは、〈狩り〉と〈戦闘訓練〉の日々を過ごしている。
もうね、この設定だけで、胸がドキドキしてくるんですよ。
ナノテクノロジーによるDNA改造で、体長が伸び、鱗に覆われ、鋭い鈎爪を持つ、美しい少女たち。
その中で、やや能力が劣りがちで〈狩り〉に前向きになれないユミが、労働から脱走し〈出来損ない(進化した姿で生れなかった)〉の女の双子を匿って育てている青年・エイジと出会い、〈食べたい〉のに〈そばにいたい〉という葛藤、同級生のマミに襲われ瀕死のエイジをマミを殺すことで解放し、エイジのたっての願いで両思いであることを知らされ、彼を食べる。
仲間から逃走し、双子を育てつつ、あらゆる「テキ」を迎え撃ちながら、力強く生きていくユミの体内には、エイジの種が宿っている。
「テキ」に向かって、唾を飲み込みながら軽々と駆けていくラストシーンの美しさは、胸に迫るものがありました。

突然、新しい技術で性転換した幼い頃からの親友から告白され、驚いて混乱して拒絶してしまった少女が、相手への想いを見つめ直し、本当に欲しい関係を結ぶことになった「バースデー」、人類に交じっていた「月人」の遺伝子が強く出た者は思春期にゲル化して月へと飛んでいく、親友が月人になる際に過酷な状況にあった自分を救ってくれた過去、彼女が月に帰る際に一緒にいたいと強く望んで吸収される結末を迎える「To the Moon」、数十万年前の新種の人類の精子と自分の卵細胞を人工子宮で育てるプロジェクトに揺れ動くゼスを描く「幻胎」、そして「ピュア」のエイジがどういう経緯で双子を保護することになったかを描く「エイジ」

どの物語も〈性と生〉という問題を、ジェンダー認識だったり、生きるための性別(染色体XXはXYよりも強靭だという説もあったような・・)だったり、「生命を宿せないまでも卵細胞は提供できる」という状態だったり・・・という、様々な方向性から描いています。
LGBTQ+…という言葉がようやく民権を得てきた現在だからこそ、こういう物語が描けるんだろうなぁ、と思いました。
どの物語も、ひとを思うこと、強さも弱さも狡さも綯交ぜにして強く〈生を求めること〉を、グロテスクさを持った美しさで描いていたと思います。

進化した女の語る「ピュア」で始まり、性転換した親友を受け入れ求める「バースデー」と別の人類になってしまった親友と融合を迎える「To the Moon」を経て、もしかしたら「ピュア」の人類改造進化の礎になったのかもしれない「幻胎」を描き、そして「ピュア」のB面であるエイジの成り立ちを描く「エイジ」で終章を閉める。
なんと、美しくも切ない構成なのでしょうか。
読み終えた時の私は、少しのあいだ放心していました。
そのあと、自分の中で小さくコポコポと泡立つ〈何か〉を一生懸命に探って探って・・・、しっかりと掴むことは出来ないながら漠然と〈生を求めることの美しさと醜さと力強さ〉を自分の中に見つけたいという願いを持ちました。

(2021.08.26 読了)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント