『アンと愛情』/坂木司 ◎

くぅぅぅぅ・・・!!!
見事なまでの、スイーツテロ。予想はしてたけど!それでも、やっぱり、和菓子が食べたくなっちゃうじゃないですか!
坂木司さんの罠(笑)に、お約束通りに陥るワタクシなのでした。
『和菓子のアン』『アンと青春』に続くシリーズ3作目、『アンと愛情』は、ふくふくほっぺのアンちゃんの一生懸命なお仕事物語。
・・・読書中、たまらず草大福(←私の一番好きな和菓子)を複数個買ってきて、こっそり一人で食べてしまったことを、ここに告白いたします(^^;)。
最初は家族と食べるつもりだったんだけど、我慢できなかったんだもん!!

老舗百貨店・東京デパートの地下の和菓子屋さん、「みつ屋」でアルバイトをしている梅本杏子は、同僚の乙女・立花さん(成人男子)に「杏子の杏じゃアンズだからアンちゃんね♪」と呼ばれ、美人で仕事のできる椿店長、元ヤン人妻大学生のアルバイト・桜井さん、洋菓子店の柏木さん、常連のお客様・・・、色々な人に大事にされながら一生懸命働いている。
和菓子の知識から日本文化の造詣が深くなったり、百貨店を訪れる色々なお客様への対応のため難しい接客を身に着けたり、成長していく姿は、清々しいです。
今作では、知人から聞いたイメージで食べたい和菓子を説明する外国からの観光客の方のために、英語アテンダントさんと協力しあって色々調べたり推測したり、旅先で柏木さんの実家の老舗和菓子屋さんに行ったり、他店からの応援で「催事対応の得意な社員さん」が来てお互いにないもの(接客方法や店舗の在り方の考え)を学び合ったり・・・。

私が知らない和菓子ネタ、日本文化ネタもたくさんあって、へぇ~なるほど~面白いな~・・・・って思ったのも、事実なんだけど。
実は、今作ちょっと「うんちく」が多いなぁ、面倒だなぁ、もっと美味しく楽しく読みたいなぁ・・・なんてことも、思ってしまったのでした。贅沢な不満ですよね(笑)。

美味しい和菓子を、もっと美味しくする「物語」。作中で化粧品売り場の人が
~~「私たちもね、和菓子屋さんと同じように物語を売っているのよ」~~
と言っていましたが、百貨店の売り場ってそういう〈優雅さ〉を感じさせてくれる場所なんだなぁ、って再認識しました。
普段、百貨店に足を踏み入れることはほとんどないんですけど、今度行くときには、その〈静けさと上品さ、便利さと安心を兼ね備えた空間〉を味わってこようかな、なんて思いました。

今作のタイトルから、もしかしてアンちゃんに恋愛方向の変化が?!と期待しちゃったんですけど、それは空振りに終わってしまいました(^^;)。いや、アンちゃん、お仕事だけじゃなくてそっちももうちょっと成長してあげて(笑)。
店長や桜井さんが『これはあかん』って顔するよねぇ、うん。乙女・立花さんももうちょっとわかりやすく・・・いや、でもあんまりグイグイ行くと、アンちゃんが怖がっちゃうかなぁ。
今回の〈愛情〉は、お仕事への愛情・仕事仲間への愛情・和菓子やその文化への愛情・・・・って感じかな。

ちょっと疑問に思ったのが、「来月成人式」という状態で、まだ振袖が決まってないって、アリなのかしら?ってことです。我が家は男子しかいないので詳しくないのですが、同じ年頃の娘さん達には18歳ごろから呉服屋さんからDMが届いてて、半年以上前から予約しないといけなかったりしたみたいなんだけど。そういうゴタゴタまで書くと、話の本筋からは離れていっちゃうから、まあいいのかな?

それと、最後の章「かたくなな」で栄転が決まって、恋人も出来た店長に対してモヤモヤしちゃうアンちゃんには、ちょっと違うよな~って思ってしまいました。立花さんにも指摘されてたけど、昔の恋にすがっててほしいなんて、勝手なことだし。
しかしそのモヤモヤに対する私のモヤモヤも、「私、椿店長のことが本当に好きで。」の天然爆弾投下からの周りの人たちの微妙な反応、「違います!尊敬とか!」の流れに、ニヤニヤ崩壊になっちゃう。本当に好きですよ、このシリーズ。

更に立花さんの「僕だって大好きなんですから!」発言からの、ページ切り替え、
驚き桃の木山椒の木(おどろきもものきさんしょのき)
意味〔びっくりした、驚いたという意味 語呂合わせ・言葉遊び〕
って1ページを使った説明に、大爆笑してしまいました。
山椒餅をたべながら、〈驚き桃の木山椒の木〉。
立花さんの爆弾発言。
・・・うぷぷぷぷ・・・。報われないねぇ、乙女よ。
いつか報われて欲しいものですが(笑)。

最後におまけの短編が2つ載ってるんですが、2つ目の「豆大福」、すっごくかわいいお話です。桜井さんが子供の頃「豆大福」を飼ってた話とか、可愛すぎてたまらん。つい、豆大福も買いに走りそうになったじゃありませんか(笑)。
その話を聞いて、別の「豆大福」を作って持ってきてくれた師匠、粋だなぁ。カッコいいというか、なんというか、ホントに素敵な職人さんです。百円玉サイズのお餅にゴマが二粒で、きょとんと見上げてくるとか、可愛すぎて想像しただけで身悶えしてしまいました。・・・実物を見てみたい…!!!

長々と書いてきましたが、本当にこのシリーズ大好きです。
そしてお腹が空きます。
スイーツテロにやられて、糖質の過剰摂取してしまったけど、致し方なしです(笑)。

(2021.09.28 読了)

 ※とうとう、ウェブリブログもトラックバック機能が無くなってしまいました(T_T)。
ブロガーさんにご許可頂いたレビューをご紹介します
☆おすすめです!☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

苗坊
2021年09月28日 21:56
こんばんは。
いやーこの作品を読んでいると無性に和菓子が食べたくなりますよねー!特に大福!手元にあるなら食べちゃいますよ。そりゃ仕方がないです。
和菓子も奥深くて勉強すると楽しそうですよね。
アンちゃんが学ぶことに対して前向きになっていったのがとてもいいなと思いました。
次回新しい展開がもしかしたらあるのかも…?と期待しつつ待ちたいと思います。
2021年09月29日 19:33
苗坊さん、ありがとうございます(^^)。
いつも一生懸命なアンちゃんに、癒されますよねぇ。
是非、アンちゃんの恋心の方も育って行って欲しいなぁ・・・ちょっとは気がついてきてるみたいだし・・・、な~んて続編を期待してしまいますよね!