『落日』/湊かなえ ○

う~ん・・・。
湊かなえさんらしい、といえば非常にらしい作品ですよねぇ。「映像脚本絡みのミステリー」という分類が・・・。
港さんの得意分野を存分に生かした(映像脚本系なだけでなく、微妙な田舎具合の地方都市が舞台ってとこも)作品だなあと、感じましたね。
ところでこの『落日』 って、新人脚本家・甲斐千尋と気鋭の映像監督・長谷部香のダブル主人公ってことになるのかしら。

大御所脚本家・大畠凛子の元で働く甲斐千尋。彼女のもとに、国際映画祭で受賞したほどの気鋭の映画監督・長谷部香から「新作の脚本について相談したい」というメールが入る。
訝しみながらもその打ち合わせに行った千尋に、長谷部は「あなたの故郷の笹塚町で起きた一家殺害事件」についての映画を作りたいのだ、と申し出る。
何故長谷部が、犯人も逮捕され刑も確定済みなその事件を調べようとしているのか、千尋の家族内の問題の微妙さ、だんだんに不穏化してくる事件関係者とそれぞれの後悔。長谷部の悔恨。そして、明らかになる関係性と、推察されプロット化される物語。最後に長谷部に差し出された、過去の真実。

うん、きちんと書こうとすると長くなるので、あらすじは止めておきます。
非常に、映像が見える物語ですねぇ、湊さんらしいなぁ。これ、映画化される予定ありそうだなぁ。

姉に対して、要所要所でメールを送ってる千尋、というのが最初からもうビクビクものだったんですよね。
千尋が姉に対して非常に負い目を感じてるっぽくて。もしかして、原因が千尋にあって、それで?と思ったら、そうじゃなかったのは逆に肩透かしでした。いやいや、どれだけイヤミス期待してるの、私。
「脚本のためにあちこち取材調査して、そして自ら色々と思考する」ことで、その欺瞞行為(というとなんだかカンジ悪い)をやめるきっかけになったのは、良かったな~って思いました。

千尋の視点で、事件や長谷部・大畠と関わり合うストーリーの合間に挟まれる、長谷部の過去回想エピソード。長谷部がこだわる、防火壁の向こうにいた同じような境遇の子供の真実は、実は殺された方ではなく殺したほうだったようだ・・というところ、長谷部は自分の中でどう向き合ったのでしょうね。

段々に判明してくる、千尋の姉の真実と、それを調べるために踏み込んでいく千尋。途中から、「姉と仲良くなった少年」が誰かは想像ついてましたが、少年の妹の虚言癖がそこにつながっていくのか、気づきませんでした。

殺された妹の「才能クラッシャー」という性質については、詳しくは書かれていませんでしたが、妬みの結果かと思うと恐ろしいなと思うとともに、よくよく考えると、そういう悪意のある性質ってありそう・・・人間の嫌な部分だなぁと感じました。もしかすると、この性質を主眼においた作品を、いつか湊さんが書くかもしれないですねぇ。イヤミス全開だなぁ。

最後に長谷部の父の海での死が「自殺ではなく事故」ということが判明したエピソードは、救いではあったと思いますが、この物語に関しては蛇足あるいはご都合っぽいと思いました。読了直後は。
ですが、このレビューを書いて、この件に言及した途端、急に腑に落ちたんですよね。
あ・・・、ずっと千尋の物語だと思ってたけど、これはダブル主人公で長谷部がこれから映像化する作品のためには、「光が必要」だし、それを提供できたのが千尋だったことが、今後のタッグの強さにつながるんじゃないかって。

いろいろな伏線が、都合よく絡み合うのは、ご都合主義的ではあるものの、地方都市なら有り得る話かなと思います。それだけ、人間関係が濃いというか深いと言うか。そのへんの匙加減は、さすがですねぇ。

(2021.11.24 読了)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント