天童荒太『永遠の仔』(上・下) ◎

小児精神科病棟で出会った3人の少年少女。
天童荒太『永遠の仔』は、その3人が再会たことから引き起こされる事件を描いている。

精神科病棟からの退院記念行事で、3人が密かに行った事故を装った殺人。深い霧の中で、その真犯人は誰なのか。17年後、再会した3人にまた降りかかる悲劇。幼児虐待者が殺されていく。その真犯人は。
幼児虐待の被害者である3人の生い立ちと、お互いを思う気持ちが絡み合い、抜け出ることの出来ない深みにどんどんはまっていく。

重い物語ながら読み進めることには抵抗はなく、複雑なプロット、心理描写が素晴らしかった。

(2006.11.2 読了)
永遠の仔(1)
楽天ブックス
再会 幻冬舎文庫 著者:天童荒太出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:396p発行年月:2004年10


楽天アフィリエイト by ウェブリブログ


永遠の仔(2)
楽天ブックス
秘密 幻冬舎文庫 著者:天童荒太出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:385p発行年月:2004年10


楽天アフィリエイト by ウェブリブログ


永遠の仔(3)
楽天ブックス
告白 幻冬舎文庫 著者:天童荒太出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:278p発行年月:2004年10


楽天アフィリエイト by ウェブリブログ


永遠の仔(4)
楽天ブックス
抱擁 幻冬舎文庫 著者:天童荒太出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:345p発行年月:2004年11


楽天アフィリエイト by ウェブリブログ


永遠の仔(5)
楽天ブックス
言葉 幻冬舎文庫 著者:天童荒太出版社:幻冬舎サイズ:文庫ページ数:345p発行年月:2004年11


楽天アフィリエイト by ウェブリブログ

"天童荒太『永遠の仔』(上・下) ◎" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント