『黄金旅風』/飯嶋和一 ○

あ~。非常にてこずりました。飯嶋和一『黄金旅風』。非常にカッチリとした歴史小説です。いえ、おカタイ小説という訳ではなく、中身がぎっしり、って感じで、非常に読みこなすのに苦労しました。

将軍家光時代の長崎、それはキリシタン弾圧と貿易の利権のやり取りの渦巻く、複雑な事情の絡み合う土地であった。将軍領地長崎の代官、末次家は長崎きっての貿易商でもある。その末次家の当主が死亡、裏には新長崎奉行の陰謀があった。末次家の後継者・平左衛門は幼少より蛮行多く、うつけと呼ばれていたが、長崎の民を思う新進的な精神を持つ者であった。

長崎奉行・竹中のルソン(マニラ)侵攻計略、オランダやポルトガルやイスパニアとの貿易交渉、また長崎でのキリシタン弾圧、火消組の頭・平尾と平左衛門の友情、とにかくイロイロなことが絡み合っていて、水無月・Rの単純な頭では、なかなか付いていけず、500ページ弱の大作、ということもあり、読了まで、ホントに四苦八苦しました。

朱印船海外貿易時代から貿易制限を経て鎖国までを、長崎の代官・平左衛門の視点を中心に、幕府の海外貿易に対する姿勢の変化や将軍権威の維持のための幕閣の動きなどもとりいれて、つぶさに描かれていて、鎖国ってこういうことがあって、こういう事情があったからなんだ~!と大変感心した次第です。高校の歴史の教科書(水無月・Rは日本史選択でした)だけじゃ「鎖国が行われた」、って事実しか学ばないですもんね。

多分、歴史小説が好きな方には、かなり読み応えのある作品だと思われます。

水無月・R、得意分野はファンタジーです。歴史小説が、これほど難しいとは思いませんでした・・・。でも、じっくり読めて良かったかな~。たまにはこういう思いっきり頭を使う本を読まないと、脳みそのシワがなくなってしまう・・・(^_^;)。

(2007.3.7 読了)
黄金旅風
楽天ブックス
著者:飯嶋和一出版社:小学館サイズ:単行本ページ数:485p発行年月:2004年04月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ



"『黄金旅風』/飯嶋和一 ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント