水無月・R風邪の予兆。(←雑記)

風邪引きそう、っていう感覚、それぞれ色々あると思う。水無月・Rは「足の筋肉及び筋が痛み、痛みが膝あたりからくるぶしまで下がって来たら、風邪を引く」と言う予兆がある。

現在、その痛みが膝下ぐらいに来ている。くるぶしまで降りる前に、温めなくては。現在、ハイソックスを履き、ひざ掛けをし、ホットカーペットをつけて、コレを書いている。寝るときも靴下を履いたまま寝る予定。温めて痛みを止めれば、風邪は引かずに済む。

水無月・Rは大体1年に1回だけ、とてつもない風邪を引く(○○は風邪を引かないというが、年1回しか引かないというのも、微妙だ・・・。)。この時は足の不調に気が付く前に、ドカーンと大風邪になり、鼻水がひっきりなしに出て、クシャミも咳もタマラン状態になる。完全に風邪を引いちゃってから、足を暖めても無駄。
今年は、熱やクシャミ咳はなかった代わりに、鼻水が垂れまくり、一時期は「とうとう私も花粉症かも?!」とあたふたしたことがあった。もう、今シーズンの風邪は済んだから、今回の風邪の予兆は、多分回避できるだろう。

ちなみに、本日ブログ開設2ヶ月記念日です。

"水無月・R風邪の予兆。(←雑記)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント