『クジラの彼』/有川浩 ◎

水無月・Rのイチオシ作家さん、読んだら即萌え!!のたうち回ってもだえてしまう、素晴らしい作家さんですよ!!この作品のスバラシさときたら、30後半のダルダル主婦が、家族に不審がられても叫んでしまうぐらいなんですよ。(←こんな例えで通じるのか・・・

ええ、有川浩さんですよ。
すみません、『図書館危機』の時も、まっとうな感想かけなかったんですけど、今回もダメです!
「じれったい愛」萌え~!はちきん萌え~!水無月・R、すっかりタガが外れてしまってます。
きちんとした感想やあらすじを求める方は、他のブロガーさんのサイトに行ってください。ゴメンナサイです。

表題にもなってる短編『クジラの彼』は、『海の底』に出てきた冬原さんと、その彼女の話だし、「有能な彼女」も『海の底』の夏木さん&望ちゃんの5年後(10年後?)だし、「ファイターパイロットの君」は、『空の中』の高巳さんと光輝さんの結婚後の話。
この3篇だけでも、水無月・Rの萌えワールドに直球投げてくるっちゅうの!とにかくもう、じれったいのなんのって、ベタな恋愛ですから、ええ、ハイ。(←こんな文章で、水無月・Rが何を言いたいのか誰がわかるというのだろうか・・・(^_^;))

さらに「ロールアウト」「国防レンアイ」「脱柵エレジー」も、たまらん・たまらん。自衛隊の皆さんが、こんなシャイで一途で格好いい人たちなら、国防は安泰だよ!もちろん、戦略や戦術や技術は大事だけどさ、こういう人間らしさ、一途さって、大事なんじゃないかなぁと。

今回、この6つの短編はみんな、自衛隊の隊員の恋愛ばかりを描いてるんですが、とにかく、すっごい「じれったい愛」なんですよね。どれも読みながら「うおぉ~!じれったい~!」「きゃ~~!」と叫んでのたうち回ってしまうという、スゴイ破壊力です。出てくる女の子達が、みんな「はちきん」(=男勝りでサッパリとした気性の女性を指す、土佐弁)なのにも萌えまくります。有川さんの描く女の子は、本当に芯が強い。憧れますね。

あとがきで、有川さんが土佐弁全開なのが個人的にとっても嬉しかった、水無月・R。
土佐弁って、いいよな~。やっぱり、有川さんは「はちきん」なのね!そしてそれを誇りに思ってるのね!・・・ステキ過ぎ・・・。ああ、是非また、高知を舞台にした作品を書いていただきたいです~。

~~いい年した大人が活字でベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!~~」(あとがきより)
全然、いいんですよ!!いや、むしろそんな大人も多い!きっと!
何より、私がそうだ!!
これからも、活字のベタ甘・じれったい愛満載の作品を書いて頂き、水無月・Rをもだえ続けさせて下さいませ。

水無月・R、少女時代に3年半だけ、高知に住んでいたことがあります。
そのせいか、高知県出身の女流作家さんは、非常に肌が合う気がしています。
水無月・Rも「はちきん」になりたいです。

(2007.4.30 読了)

クジラの彼
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:単行本ページ数:245p発行年月:2007


楽天市場 by ウェブリブログ



"『クジラの彼』/有川浩 ◎" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント