『センチメンタル・サバイバル』/平安寿子 ○

水無月・R、久しぶりの平安寿子さんです。
『愛の保存法』とか、『もっと、わたしを』とか、『グッドラックららばい』とか、あっさり読めて、「なんじゃそりゃ~!」で、さらっと読めて面白い作品が多かったので、今回も期待どおりでしたね。ちょっとトホホ感が薄かったかな。それも悪くない感じですよ。

フリーターの主人公・るかは、早期退職した父親が、母親と一緒に田舎に帰って蕎麦屋をやるというので、東京に残るため母の妹・達子叔母と同居することに。そのるかが、相当な「今時の若者」で、仕事はしてるけど楽だからで・彼氏もいるけど何となくイマイチ、なズルズル生活をしている。けれどバイタリティーあふれる実業家な叔母に、説教され言い負かされる日々ながら、少しずつ成長していく、るか。

なぁ~んて書くと、真面目な成長物語かって感じですが、そういうわけではないな。なんせ、るかの進歩がカタツムリのよーにのんびりなのだ。いや、それでも本人は必死なんだけどね。その辺が、結構ほほえましかったですね。

今回はあまり、「なんじゃそりゃ~!」な展開じゃなかったですね。一応前向きに進んでく女の子(と言っても24歳なんだけど)が主人公で。るかのバイト仲間の民ちゃん、よかったな~。シビアで現実的で、先を見通すしっかりとした女の子、って感じで。地に足をつけて、ちゃんと周りを見渡してる。まあ、ちょっとシビアすぎかなという気もしなくもないけどね(笑)。

どっちが好きかというと、やっぱり民ちゃんかな。あはは。

タイトルの『センチメンタル・サバイバル』は、るかの「サバイバル」なのかな?両親の更年期な確執、叔母さんの名言、新しい恋、バイト先の変貌、いろいろなことをサバイバルしていくから・・・かな?現代の女は、恋愛も仕事もユルくサバイバルなんだな、と思いました。うん。中年主婦も、もしかしたらサバイバルなのかもね(笑)。

(2007.08.28 読了)



センチメンタル・サバイバル

センチメンタル・サバイバル
楽天ブックス
著者:平安寿子出版社:マガジンハウスサイズ:単行本ページ数:332p発行年月:2006年01月この著


楽天市場 by ウェブリブログ



"『センチメンタル・サバイバル』/平安寿子 ○" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント