『少女には向かない職業』/桜庭一樹 ○

お?今まで水無月・Rが読んできた、昭和初期文学的桜庭一樹じゃないですね。ちょっとちがうな・・・。それも悪くないけど。

今日、図書館で借りてきたんですよ、『少女には向かない職業』。で、午後、一気に読み切っちゃったんです。ハイスピードで展開する、少女たちの殺人。どうしようもなく、自分を守るために、殺人を決行する葵と静香。読み始めたら止まらなくて、意外なラストまで、休むことなく読了。

~~中学1年生の1年間で、あたし、大西葵十三歳は、人をふたり殺した。~~ (本文より引用)
突然の告白で始まる、物語。えぇぇ~?!ホントか、抽象的な意味じゃなくて?と驚きながら、ぐいぐい物語に惹き込まれていった。
これは、相当引力のある作品だわ。

ぶっちゃけたストーリーとしては、主人公・茜がアル中で仕事もしない義理の父を殺し、その現場に立ち会った静香と、第2の殺人を犯す。ってことなんですが、ラストが意外。静香が「少女には向かない」≪殺人者≫という職業に耐え切れず、あっさりと、自首してしまうのだ。う~~~ん。微妙に、違和感を感じる。でも、≪殺人者≫に耐えられない少女だから、物語になったとも言えるかな。

第1の殺人は、完全犯罪。殺人というよりは、死ぬかもしれない状況を作っておいて、死にゆく義父を見殺しにした、って感じ。第2の殺人は、静香が生き残るための、闘い。

ストーリーのあちこちに現れる、島の中学生であるという閉塞感。何かから逃げ出したいのに、どうしたらいいかも分からず、仮面をかぶって過ごす日常。・・・痛いなぁ、ホント。確かに、中学生の頃って、こういう閉塞感にさいなまれてたかも。そこから抜け出すための、殺人。

ただね、殺人って、そんなにアッサリとやっちゃっていいものなんでしょうか、という非現実感があって、ちょっとなじめませんでした。第2の殺人なんて、根拠は静香の語る虚実入り混じりの動機だったし。どこまでが本当でどこからが虚なのか。分からないまま、殺人へと駆り立てられる、葵は、~~友達の期待に応えたかった。~~ (本文より引用)と、衝動に駆られて。

友達づきあいに、違和感を覚えていた、葵。そこへ現れた、孤高の黒髪美少女・静香。二人は、段々に近づいていく。そして、第1の殺人。2人は共犯者となる。第2の殺人は、2回計画される。
1回目は「冷凍マグロで撲殺」という、ある意味シュールな笑いの有る計画だった。残念ながらそれは実行できなかったけど。途中で挿し込まれる~~〈鍋にだし醤油と水を入れる。〉~~(中略)~~〈マグロを鍋で煮てしまう。〉~~ (本文より引用) には、思わず「それはちょっと計画的というかなんというか…どうなんだろう」とツッコミを入れずにはいられなかった…。
2回目は、閉園した巨大迷路に死体を放置という時点で「死臭ですぐにばれるんじゃないの?」というツッコミを入れてしまったし。

結局、2度目の殺人が、成就したにもかかわらず、自首。う~~ん、なんかなぁ。とは言え、すぐにバレるだろうし、隠し通すのも≪少女には向かない職業≫とは違ってきちゃうし。

殺人に関しては、ちょっと疑問を感じますが、2人の少女の関係の逆転が素晴らしかった、と思います。最初は殺人示唆をする静香の方が上位だったのに、第2の殺人の実行段階になって、葵は自分は特別なんだ!とバトルアックスを振り回し、静香を助けようとする。
お互いが特別なんだ、友達のために極限まで凄絶な≪闘い≫をすることができる。少女ゆえの拙さで殺人を犯してしまった、2人。
う・・・イタイなぁ。けど、こんなに純粋なのは、美しいな、って思うのである。

数年後の、2人の後日譚が読みたいな、と思いました。というか、もしかしたら、この物語は13歳の葵ではなく、当時を振り返る葵の語る物語なのかも。何となく冒頭の1文からそんな気がしてきました。
この物語の後、2人の少女はどうなるんだろう。「ひとごろし」として、罪をつぐなった後、2人はどんな大人になって、生きていくのだろう。心に翳を持って。
読み終わって、非常にあとを引く作品でした。

(2007.08.29 読了)

少女には向かない職業
楽天ブックス
東京創元社・ミステリ・フロンティア 著者:桜庭一樹出版社:東京創元社サイズ:単行本ページ数:231p


楽天市場 by ウェブリブログ

"『少女には向かない職業』/桜庭一樹 ○" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント