『ハルカ・エイティ』/姫野カオルコ △

あ~、え~と。面白い部分もあったんですが、展開が何となくNHK朝の連続ドラマみたいな感じで、ちょっとつまらん、みたいな、ね。苦手なんですよ、私、ああいう感じ。
最初に80歳のハルカが出てきて、モダンガールみたいな感じだったのに、そのあと幼少期からをたどっていくと、ただの波乱の一代記って感じで、ちょっと面白みに欠ける。

姫野カオルコ『ツ・イ・ラ・ク』を読んだことがあるぐらいで、あまり知らなかったのですが、諸表がよかったので、図書館で借りてみたのですが。ん~、いまいちだったかな~、『ハルカ・エイティ』
ハルカ自身に、共感できなくて。大介という夫を一番に大切に思ってるのに、人生のスパイス的に浮気を繰り返すというのが、な~。大介の死後なら、いいんだけどね。
人生を、多少苦難に会いつつも、ふわりふわりと柔軟に乗り切っていく、その身軽さはそれなりに、讃えるべきところではある気はしますが・・・。

そんな???、な流れの中でひときわ光彩を放ってたのが、はるかの女学校時代からの友人・華族令嬢の日向子。華族令嬢というと、色白柔和で風が吹けばよろめくような儚なさ、というイメージだが、色黒でサイコロのような体格、スポーツに秀でるというその外見に反して、おっとり「おもうさまが~いわはるの~」というしゃべり方。そのおっとりのまま、駆け落ちして神社の後継者の妻になり、その夫が戦死すると実家へ戻って、父母が生活のために始めた教室を拡大する経営者ぶり。しかも、最後に20以上年下の若い男と再婚するという、びっくり箱のような女性である。
いや~、光ってましたわ、日向子さん。茫洋としてるようで、案外しっかりしてるのか、運がいいのか。

あと、登場するたびに「どんがらがっちゃど~ん」と、けたたましい、沼田歯科の奥さん・恵美子さん。騒々しいことこの上ない上に噂話が大好きという典型的な「大阪のオバちゃん」なのだが、これが全然憎めない。面白すぎる。

あ、全然感想になってないし、ストーリーも分からない文章になってしまった・・・
すみません、なんか書き難いので、この辺で失礼させていただきます・・・。

(2007.09.05 読了)
ハルカ・エイティ
楽天ブックス
著者:姫野カオルコ出版社:文藝春秋サイズ:単行本ページ数:468p発行年月:2005年10月この著者


楽天市場 by ウェブリブログ



"『ハルカ・エイティ』/姫野カオルコ △" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント