『裏庭』/梨木香歩 ○

~理論社ライブラリー・本をめぐる10代の冒険~ の中の一冊なわけで、どっちかって言うと中高生向けでしょうか?
いえ、大人にもちゃんと読み応えのある、しっかりとしたストーリーの物語でした。
ただ・・・なんだろう。つかみづらかった。たぶんそれは、「自分に向き合う」というメッセージが怖かったから・・・。
私には、照美のような潔さがない。
[もっと自分をもって、もっとシッカリして、もっと他者に優しく、もっと・・・。]
思うことはできても実行できない自分の弱さが暴きたてられるような気がして、ちょっとつらい作品でした。

6年前、双子の弟を亡くした、照美。それ以来、仕事の忙しい両親とうまく関われずにいる。友達の祖父から、近所のバーンズ屋敷の不思議を聞き、その庭に迷い込む。
照美の母、さっちゃんは子供のころ、母にあまり優しくされたことがなかった。
バーンズ一族は、1世代に1人、『裏庭』の世話をするものが現れるという。屋敷の姉妹の妹・レイチェルはその、世話をする者であり、かなり強力な能力があった。が、あまりに裏庭と引き合いすぎ、レイチェルは早世する。
レイチェルの姉、レベッカはバーンズ屋敷の処遇を検討するため来日し、旧友の夏夜と行動する。
照美は、迷い込んだ「裏庭」の世界で、色々なモノたちとめぐりあう。案内人のスナッフ、音読みの婆、必ず2人組のコロウプたち、片子のコロウプ・テナシ、一つ目の竜、マボロシ、幻の王女。3つの藩をなす世界、地下でつながる根の国、遠くそびえるクォーツァス。それは、照美自身の様々な問題を象徴していたり、ひとの心のありようを指し示していたり。つまり、裏庭とは個々の内面世界であり、さらに個々を繋ぐ広がった精神世界でもある、のだと思われる。

あ~、難しいぞ。なんだか全然文章にならない。現実世界の物語と、照美=テルミィの「裏庭」での探索物語が、エピソード毎に交互に出てくる。裏庭での物語が、色々と象徴的すぎて、あてはめて考えるのがしんどくなってしまった。これを中高生に、というのはなかなかにハードな気がするけど、逆にあの年代だからこそ、するっとその世界に入り込めるのかな。
大人たちの中で、ままならない思いをする子供、というのにも共感できるだろうし。

梨木香歩さんは、お気に入りの作家さんです。美しく、優しい雰囲気の文章を書く方ですよね。
ただ…今回はどうしても、照美の悲しい気持ちや心の闇などが苦しく押し寄せてきて、そして私自身の弱さがあまりにも露わになり、辛くなってしまって、ちょっと・・・。

でも、最後に照美が現実世界に戻ってきて、「妙さんから」と言って母親を抱きしめた後、その心臓の音を、
~~これは礼砲の音。新しい国を造り出す、力強いエネルギーの、確実な響き。
   忘れないでおこう。~~ (本文より引用)
と感じ取ったとき、ああ、梨木さんらしいなぁ、良かった・・・。と、安堵しました。
レイチェルの「裏庭」世界の崩壊を告げ、促す礼砲は、また新たに命を生み出す音なのだと。
全ての人の営み、命の営みは連綿と続く。
悲しいことも、美しいことも。それでこそ、世界なのだ。
そう、告げられたような気がしました。

最後の章で、レイチェルと丈次が、新しい「裏庭」に入っていくところが描かれていた。光り輝く、庭へ。そこにいたのは「銀の手」。銀の手は、テルミィと旅をした片子のテナシ。すべての庭はつながっていて、独立していて、生まれ変わり、受け継がれていく。美しいイメージが光り輝く世界へ広がっていく、そんな印象を受け、すがすがしい気持ちで読み終えました。

(2007.09.25 読了)

よくお邪魔させていただいている、「おいしい本箱Diary」ERIさんが、とても素晴らしいレビューを書いていらっしゃいます。私が怖くて書けなかったことや、気がつかなかったことなど・・・深いです。
ERIさんの『裏庭』のレビュー
そして、上記のレビューに大変興味深いコメントがついて、別記事でそのやり取りや他の方のコメントの深い洞察が紹介されています。
是非、皆様にもご覧いただきたいので、ERIさんのご承諾を得て、こちらに直接リンクを貼りました。ERIさんのレビューとコメントする皆さんの深い洞察をお楽しみください。


裏庭
楽天ブックス
新潮文庫 著者:梨木香歩出版社:新潮社サイズ:文庫ページ数:412p発行年月:2001年01月この著


楽天市場 by ウェブリブログ

"『裏庭』/梨木香歩 ○" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント