『真夜中の五分前~Side-A~』/本多孝好 ○

Side-AとSide-Bで一つの恋の両面を描いた作品、とあり、興味をそそられていた作品です。
作者の本多孝好さんは、「このミステリーがすごい!」でランクインしたこともある、ミステリー作家さんですが、このSide-Aではあまりミステリーっぽくないですね。
初読みですが、なかなかいい文章を書く作家さんだな、と思いました。言葉の使い方が綺麗で的確。ストーリーもしっかりしてます。

自分にも部下にも会社にすら厳しい上司の元、異動願を出すこともなくそつなく仕事をこなし続ける、僕。6年前、恋人を交通事故で失った時、彼女の死に実感をもって悲しんでいない自分に気付いてしまったが故に、淡々と生きることを自分に課しているかのような、そんな日常を過ごす僕が出合ったのは、失恋のリハビリだと泳ぎ続ける女性・かすみだった。かすみは、驚くほど何もかもがそっくりな(親でさえ区別がつかない)一卵性双生児の妹・ゆかりの婚約者に失恋していた。それを知って尚、かすみに好意を持ち続け、微妙な関係を続ける、僕。6年前、時計の針を5分遅らせることで「人より5分得したような気がする」と言っていた恋人・水穂のことをかすみに告白し、かすみはそんな堅い壁に閉じこもっていた僕の壁を崩し、そこから出てきた感情をぼくは「愛している」と名付けた。

『真夜中の五分前~Side-A~』では、その「5分前」の謂れが語られ、僕とかすみのもどかしい感情の揺れが淡々と描かれていく。社内で、‘有能だがやりにくい人材‘として有名な上司とも何とかうまくやり、恋人の死後も何人かの女性とも付きってきた僕の、〈世の中と上手く付き合えない違和感〉が読んでいるうちに徐々に伝わってくる。そこに、そこはかとない寂しさを感じる。

それでも僕とかすみの恋は、お互いを愛しているという気持ちを元に、成就した。温かい気持ちになった。
僕と同様、あるいはそれ以上に世の中とうまく付き合えていなかった水穂との恋愛、水穂を喪失したこと。かすみへの愛情が芽生えたこと。双生児の妹の婚約者への想い、僕へ気持ちが移った(恋愛感情の再生)こと。過去の悔みを乗り越える恋愛を描いた、前向きな気持ちになれる、いい物語だったと思います。

非常に読みやすく、スラスラと読み進められました。そういう意味で、ちょっとあっさりし過ぎな気もします。双子の妹が婚約、って辺りで既にその婚約者に失恋したんだな、っていう先が読めてしまいましたし。その点がちょっと物足りなかったかな。

(2007.10.14 読了)
真夜中の五分前(sideーA)
楽天ブックス
著者:本多孝好出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:205p発行年月:2004年10月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ



"『真夜中の五分前~Side-A~』/本多孝好 ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント