『ルート225』/藤野千夜 △

え~~と。すみません、この物語のオチは、どの辺にあるんでしょうか・・・。
お好きな方がいらしたら、ごめんなさい。この文章は、飽くまで水無月・Rの私見であります。
・・・私、こういう物語、苦手です。この終わり方には、ホント納得がいきません・・・。救いは、ないんですか?あの終わり方で、読者にどうしろと?
思わず、久しぶりに「・・・それで?・・・だから何?」と言ってしまいました。ああ、品のない読者だ~私。

ある日、突然帰り道を見失ったエリ子とダイゴの姉弟。最初の出発点に戻ると、今度はきちんと家にたどり着けた。ただ・・・両親がいない。死んだはずの友達が生きている。仲たがいしてたはずの友人との仲が戻っている・・・など、おかしなズレがある。
姉弟の推論は「´(ダッシュ)な世界に来ちゃった」だが、出発点へ戻っても元の世界へは帰れない。エリ子の友達・マッチョ(元の世界のマッチョのダッシュ)に相談し、信じてもらえるが、良い案もなく、日々ばかりが過ぎていく。
そして数ヵ月後、姉弟は別々の親戚に引き取られることになる。エリ子は従妹に真実を話すが信じてもらえない。
~~だからこの話が、こっちの世界の人にちゃんとウケたことはまだ一度もない。~~ 
(本文より引用)

途中まではね~、面白かったの。パラレルワールドだ~、「A→B→´A」で、今の世界はダッシュなわけね~、なんて楽しんでたの。
そりゃあ、ダイゴの友達で死んじゃったはずのクマノイさんが出てきたり、B世界で生きてたクマノイさんの犬が´A の世界では、エリ子の不注意により死んじゃってたりと、ちょっと苦めな部分はあるけど、マッチョがAでも´Aでもいい感じに太っ腹というか鷹揚なところがあって、物語を和ませてくれてたんですよね。あ、こういう揺るがないキャラ好きだ~なんて思ってたのにさ。

結局、2人は元の世界に戻れない。ダイゴが持ってた残り度数一ケタのテレカだけが、元の世界へ電話をつなぐけど。ダッシュの世界の家で写真を撮ると、うっすらと両親の姿が映るけど。戻れないまま、ずっと月日が過ぎ、子供2人だけで暮らすには限界だと、無理やりに近い形で姉弟引き離されてしまう。

いつ戻れるんだろう。どうやって戻るんだろう。どうしてあのテレカだけが元の世界の電話につながるんだろう。世界がパラレルに分岐しちゃった原因はなんだったんだろう。って、ずっとワクワクしてたんですよ。それが、これ?!こんな終わり?
全っ然、納得いかない~!読者置いてけぼりもいいとこじゃないですか~。
戻れなくても、もう少し救いのある終わりだったら、○だったのになぁ。

(2007.11.15 読了)

追記①。アマゾンで検索したら、DVDになってるんですねぇ、この作品(^_^;)。
追記②。あまりに憤慨してたので、作者名も作品タイトルもこの文章内に入れてないことに気づきました・・・。藤野千夜『ルート225』です。

ルート225
楽天ブックス
著者:藤野千夜出版社:理論社サイズ:単行本ページ数:282p発行年月:2002年01月この著者の新着


楽天市場 by ウェブリブログ



"『ルート225』/藤野千夜 △" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント