『図書館革命』/有川浩 ◎

あああぁああぁあぁぁありかわさんッ!
哀れな読者を、悶え(萌え)死にさせる気ですかっ!!!
郁も柴崎も「はちきん」全開で、ベタ甘ラブロマで、大規模戦闘やら頭脳戦やら、とにかくとんでもなくてんこもりストーリー。
しかも、シリーズ最終巻。だっ、誰か!助けて・・・・。

いや、とりあえず落ち着け、水無月・R。
ってか、無理です。実を言うと、昨日一日で読了してたのです。ですが、毎度ながらあまりの興奮に、文字を打ち出すことができず。1晩たったら書けるかもと、あまり望みはないながら、時間を置いてみました・・・・が。やっぱダメじゃん、私。まる1日置いてなお、興奮冷めやらず。
てな訳で、今回も先に白旗を上げてしまうぞ。
「まっとうなストーリー紹介や感想を望まれる方は、他のブログさんへどうぞ~!!」

ふふふ。先に負け犬宣言をしたから、あとはもう思うがままに萌え叫ぶのみ。
いっそ清々しいね(←ソレはアンタだけだよ、水無月・R)。

ええ、ハイ。
水無月・R大絶賛、読んだら即萌え、のたうちまわって身悶えしてしまう、有川浩さん作品ですよ。図書館戦争シリーズの最終巻、『図書館革命』でございますよ。
ヨロコビのあまり、半分どころか、ほぼ全壊してますからね、ネタばれとか、ベタ甘とか、いいトシして乙女とか、はちきんとか、「おかーさん、なんか大丈夫…?(息子談)」とか、何でもありですよ?
しかも、超・長文。水無月・Rの萌えにお付き合いいただける方のみ、続きをどうぞ(笑)。


大体ね、のっけっから、カモミールティー飲みに行っちゃってんじゃん、郁と堂上!
きゃ~ッ!きゃ~ッ!いきなり、そう来ますかい!
おまけにバカップルの振りして、お買い物にも出かけちゃう?(←作戦だって)
しかもつないだ手をポケットに?!
もう~、この辺りですでに、ボディーブロー喰らいまくってフラフラ、って感じですよ。
なのに、更に柴崎が行動に出るし!泡食った手塚も、その後ちゃっかりそれに乗ってるし!
何なんですか、一体!どこのラブコメですかッ!

玄田隊長と折口さんも息が合ってるし、小牧さんと毬江ちゃんもしっかり指輪買いに行っちゃうし、稲嶺前司令の奥さんとの想い出の話もとっても叙情的。
さすが最終巻、全てのメインキャラに愛の手を!なんですね、有川さんッ!
(あ、手塚兄には相手がいなかった・・・(^_^;))

そして、第一のトドメが、書店バックヤードでの階級章の貸与。と思ったら、その勢いで郁がキスしちゃったよ!(←これが次の必殺パンチ)
更に、作戦終了後、やっと面会に行けた病院で、郁の再告白(必殺キックか?)。
それに応えた堂上のキスに・・・マジで悶え(萌え)死にかけました。
我が子達の目の前で「ぎゃ~!」と叫びながら、のたうちました。
な・・・なんつう爆弾をかましてくれるんだ、有川さん。
しかも、さりげな~く、プライベートの境界線が変わってるし(こういうの、すんごく萌え)。
更に、3年後は結婚して「篤さん」「郁」だし。
ついでに言うと、未だに手塚は柴崎落とせてないし(おお「じれったい愛」だ!)。

「活字のベタ甘ラブロマ」の王道、ここに極まれりですよ!


大阪への逃避行中に、壊れた携帯の代わりに電報を打つことを思いついた郁、偉いぞ!
そして、デパートでの当麻の大変身には、大爆笑。いや…いるよ、大阪には、フツーに、ホント・・・でも、すごいっすね(笑)。あのノリは、大阪のオバちゃんを知らない人にはわからなかろう。さすが関西在住の有川さん
柴崎の携帯故障の報復措置も、鬼だし。(でもそれも手塚への愛なのね)
とにかく、あちこちに水無月・Rのツボを刺激しまくるエピソードが満載。
それでいて、ストーリーから外れることなく、それどころかよりストーリーを強固なものとしている。


≪真面目なほうのあらすじ~萌え抜き編~≫
原発へのテロがとある小説と全く同じ手法で実行され、作者・当麻が「メディア良化委員会」に身柄を狙われる。もちろん当麻を保護したのは、我らが図書隊堂上班+α(緒形・柴崎・折口)。内密の保護作戦の筈が、どこかから情報が漏れ、当麻が連れだされそうになる。もちろんこれは堂上班の罠で、炙り出されたのは手塚の兄・彗の率いる「未来企画」の江藤館長とその配下の2人。そこで柴崎が、慧と交渉し、「未来企画」の方針転換をさせ、図書隊のバックアップで中央へ出向させることを取り決める。(一、その始まり)
次に当麻が身を寄せたのは、前図書隊司令・稲嶺の自宅であった。監視の裏をかく作戦であったが、周到に事を運んだにもかかわらず、再び情報が漏れ、良化委員会の襲撃を受ける。事前に襲撃を知り、稲嶺が車いすの体ながらも襲撃者を足止めし、混乱をついて郁と堂上の護衛により、当麻は図書隊基地にたどり着く。情報漏洩の元は、またしても江藤であった。(二、急転を駆けろ)
マスコミを総動員した、「良化委員会対策」としてのTV局パス報道が功を奏しつつある中、当麻対良化委員会の行政訴訟が始まるが、「言論の自由を守れ」という世論に反して、敗訴。控訴するも、またもや敗訴、最高裁まで持ち越されることになる。最高裁でも敗訴した場合の対策会議で、郁のつぶやいた「亡命」がクリーンヒットを放つ。(三、奇貨を取れ)
最高裁の敗訴を受け、嵐の中大使館に駆け込もうとする、当麻保護班。しかし、また情報が漏れており、各亡命候補大使館前には良化隊員が張り込んでいた。堂上・郁・当麻3人のみの逃避行。逃げるうちに、堂上が足に被弾する。当麻の懇意にする書店へ逃げ込み、店長の協力を得て、郁と当麻が大阪の総領事館へ向かうことになる。堂上には救急車が呼ばれ、図書隊に連絡がいく。(四、嵐を衝いて)
カーナビに頼りつつ、大阪へ向かう郁と当麻。途中、水没した携帯の代わりに暗号電報という手段で、図書隊へ今後の行動を報告する。嵐を抜け、大阪にたどり着いた2人は、翌日デパートを訪れ、店員の絶大なる協力のもとに当麻を大変身させる。郁が囮となり、暗号を解いた関東図書隊から連絡を受けた関西図書隊の保護のもと、当麻は無事英国総領事館に入る。当麻の問題は、国内問題ではなく国際問題となり、世論を受けた政府はメディア良化法の最新施行令を破棄、問題は概ね決着。堂上を見舞った郁、二人の関係が新たな展開を迎える。(五、その幕切れ)

おいおい。これだけ書くと、すっごく真面目で固い社会派な物語ですよ。いや、実際にそうなのです。なのに、ど~してこんなに、萌えなんでしょうか。社会派と萌えが全く違和感なく共存するその物語構成、有川さん、凄すぎです。
有川さんの問題提起には、本当に毎回頷くばかりなのです。無関心から身の回りの危険を見逃してしまうことや、自分を正義と信じ込みそれを振り回すことへの傲慢さや、本当に必要なのは、揺るがず日和らない意思であること。
いつも心掛けたいと思いつつ、全然できてないので、偉そうなことは言えませんが、こういうことをきちんと織り込んだ物語であるのに、重苦しさがない、というのが、本当にすごいことだと思います。


有川作品は、ベタ甘ラブロマだけど、社会派で、スピードスリルがあって、ホントに、すごいなぁと思うのです。これが、ほぼ同年代の女性の描く作品。
いや、全然出来が違うから。同じ土俵に上がろうなどと思うな、水無月・R。無理だから。
イイのです。私は、ただの観賞者なのです。

素晴らしい作品は、素晴しい。
萌えな作品には、萌え叫ぶ。
正しい鑑賞法かどうかも、もうどうでもいいです(笑)。

書きたいことの1割も書けないままですが、これ以上は、私の能力では収拾がつきそうにありません。
私のグダグダな長文にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

(2007.12.03 読了)

図書館革命
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:アスキー・メディアワークス/角川GPアスキー・メサイズ:単行本ページ数:333p


楽天市場 by ウェブリブログ





追伸:アニメ化決定したそうですね~。是非、手塚兄弟のどちらかに声優・杉山紀彰さんを推したいです!アニメ「BLEACH」石田雨竜役・「ナルト」うちはサスケ役など「プライド高ッ!」な役を演じるととんでもなくはまる声優さんです。かっこいい声なんですよ~。

更に追記:『別冊図書館戦争Ⅰ』が、4月発売予定だそうです!きゃ~ッ!「Ⅰ」ですよ「Ⅰ」!ってことは「Ⅱ」もあるんですねッ!有川さん、ありがとうございますッ!

水無月・Rの「図書館戦争シリーズ」記事
『図書館革命』  ◎ (本稿)

"『図書館革命』/有川浩 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント