『薄闇シルエット』/角田光代 ○

これ読み終わって、深ぁ~~いため息が出てしまいました。
「30代後半の女性って」と、ひとくくりにするわけじゃないけど、いろいろ大変なんだよな~、と実感が・・・。
この『薄闇シルエット』に出てくる女性たちは、色々抱えてたり、持ってなかったり、様々なんだけど、多分その中に私が入っていったら、あまりの中身のない薄っぺらさに、逃げ出さなきゃいけなくなるだろう。それが恥ずかしく、悔しかったのもある。

友人と古着屋をやって、ソコソコ安定維持している主人公・ハナ、独身・37歳。ある日、長く付き合っている彼・タケダくんに「結婚してやる」的な発言をされ、「は?」となってしまう。そこから、考える。
結婚のこと。仕事の共同経営者・チサトの出店、主婦である妹・ナエの不満、タケダくんとの曖昧なけんかと別れ。手作り狂だった母の死。母の作った自分の子供時代の服を「布絵本」としてリサイクルすることを思いつき、プロのデザイナー・キリエと組んで製品化。キリエの実行力で布絵本が出版されることを知り、違和感を覚える。自分がやりたかったことと違う。

そして、気づくのだ。
~~なんにもつかみとっていない、なんにも持っていない――それはつまり、これからなんでもつかめるということだ。間違えたら手放して、また何かつかんで、それをくりかえして、私はこれを持っていると言えるものが、たった一つでも見つかればいいじゃないか。~~ (本文より引用)
と。うん、それだよね。ていうか、そうでも思ってないと、今の私の薄っぺらさが情けなくなりすぎて、自分が嫌になりそうだ。

あ~~、この物語にはいろいろ意味もあって、書いとくべきこともあるんだろうけど、ダメだ・・・。ハナが最後に感じたこと(上記引用文)、という救いがなかったら、ホントにこの物語はきつかっただろうと思われます。

あ、そうだ。たぶん私という人間はキリエの一番嫌いなタイプじゃないですかね。物語中で既婚女を「自分で稼がなくてもご飯が食べられる」ってこき下ろしてるんだけど、私なんか正にソレだし、さらに言うと仕事もしてないしな~。・・・ちょっと卑屈になっちゃうね。キリエの既婚女への敵対心はかなり極端ではあるけど。

(2007.12.12 読了)
薄闇シルエット
楽天ブックス
著者:角田光代出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:単行本ページ数:256p発行年月:200


楽天市場 by ウェブリブログ



"『薄闇シルエット』/角田光代 ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント