『雪屋のロッスさん』/いしいしんじ ◎

あ~、これはいいファンタジーだ・・・。
いしいしんじさん独特の、柔らかな物語たち。30もの不思議な職業の人々(時々動物やモノ)が、優しく、やわらかく、暖かく、物語を紡いでいく。それぞれが独立していて、かかわり合いはないのに統一感があるのは、物語たちの背後に流れる、ファンタジーの彩りが透明に澄んでいて、美しいからだろうか。
『雪屋のロッスさん』は、読後、とても心安らかになった。

【今日何読んだ?どうだった??】のまみみさんにお勧めいただいた作品です。ありがとうございました!
まみみさんの『雪屋のロッスさん』の記事はコチラ!皆様ぜひお読みください!

いや~、素晴らしいですね、この作品は。なんて表現したらいいんだろう。美しくて優しくて暖かい。30編のどの職業の人も、自分の仕事に誇りを持って、でもそれを声高に叫んだりせず、しずしずと職務を全うしていく。そして、かかわった人(物)たちの「こころ」にやさしく触れて通り過ぎていく。その後に残るのは、暖かさと一抹の寂しさ。

雑誌『ダ・ヴィンチ』に連載されてたんですね。私的には、こうやって1冊に纏まっていっぺんに読めたのは、幸いでした。こういうさりげない暖かさをもった短編って、雑誌の中では通り過ぎがちなのです。さりげなさが、特集とかに負けちゃって。って、私の集中力がなさすぎるからなんですがね(笑)。

30編の中には、よくある職業なのに何故か風変りな職種になってしまっている人、棺桶セールスマンや王子や神様、それどころか人ではなく道路やポリバケツなんかまで、いろんな職業が出てくる。一つ一つが、とてもやわらかで、優しい。いやな感じが全くない。現実味は薄いけど、それがいい。
うう~ん、どの話も、ホント良かったです。大人向けの寓話というか、だけど別に説教じみたところは何一つなく。素敵だなぁ、こういう作品は。
非常に私事なのですが、実はただいま風邪っぴき中で結構気力&体力が落ちておりまして、そういう時にこういう作品は、大変ありがたいです。なんか心温まるというか、癒されるというか。ガンガン萌え全開なのも好きですが、たまにはこういう作品でしっとりとしてみたいというか・・・。

あえて言えば、「ブルーノ王子と神様のジョン」が一番気に入ったかな。王子の気高さというのでしょうか、すべての臣民と家来を災厄から護るのが自分の職務だと、元凶に飛びかかる勇気。もちろん、ファンタジーだし、「王子」といっても王子ではなく、公園に住む宿なしなのだけれど。
ああ・・・なんだか良さをお伝えできません。悔しいなぁ。
また言っちゃいますよ・・・(笑)。
「ぜひ作品を読んでください!」と・・・(^^ゞ。

(2008.02.10 読了)

雪屋のロッスさん
楽天ブックス
ダ・ヴィンチブックス 著者:いしいしんじ出版社:メディアファクトリーサイズ:単行本ページ数:189p


楽天市場 by ウェブリブログ


"『雪屋のロッスさん』/いしいしんじ ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント