『阪急電車』/有川浩 ◎

うふ、うふふ・・・
有川浩さんですよ。
水無月・R大絶賛、「萌えの神」と崇める有川さんの新作ですよ!今回も、萌えですよ!
はちきんな女の子もわんさか出てきますよ。
そしてまた、水無月・Rは白旗を上げるのでございますよ。
有川さんの『阪急電車』
まっとうなレビューを求められる方は、ここで回れ右してください!水無月・R、今回も人格崩壊バージョン(しかもロング)でお送りしま~ッす!

相変わらず、有川作品に関しては、理性など全く維持できない、水無月・Rでございます。
いいんですよ。だって、どうしようもないんだもん。このブログ【蒼のほとりで書に溺れ。】だって、「有川作品の素晴らしさをネットの世界で萌え叫びたい!」っていう衝動だけで始めましたからね。てことで、毎度ながらまとまりもなく支離滅裂な、駄文が始まります(笑)。

いや~、ホンット、有川さんは「萌えの神」だわ。なんなの、この、萌え度の高い、甘~い展開は・・・。しかも全然それが、くどくない。読みながら何回「きゅ~~ん!」とか「~~~ッ!」とか、悶えたことか。一時期ズルズルだった風邪がほぼ治ってから読み始めてよかった・・・。藍色さん、教えてくれてありがとう。危うく、ホントに萌え死にするところだったです・・・。

今回は、図書館戦争シリーズのような戦闘ものじゃなく、現実にある阪急電車が始発駅から終着駅まで行って、折り返して戻ってる。その中に物語がいくつも存在して、お互いに影響しあっていく、という設定です。(いわゆる「飛び道具なし」系ですね)
なので「迫り来る緊迫感に恋愛が絡んで、激しく萌え!」的なシチュエーションはなかったものの、逆にリアルな状況における有川節がもう、効きまくりで。いや~~、ホントたまりません。有川さん、どこまでスゴイんですか?!どんだけ萌えの引き出しをお持ちですか?!
水無月・R、一生ついて行きますよ!

全編、どれもいいですよ。甲乙なんか付けらんないですよ!白いドレスで討ち入り果たした翔子さんも、あっさりそれを見抜いた時江さんも、トンデモ彼氏(笑)のいるえっちゃんも、神経から胃痛になったおばさんを助けたミサさんも、はた迷惑なおばさん達を見事にやっつけたユキもさんも、友達のイジワルを超越しようと頑張るショウコちゃんも、そのほか女性陣みんな、はちきんだ~~!!ぎゃ~ッ!それだけで萌ッ!悶えるッ!
〔恒例の注:「はちきん」とは、男勝りでサッパリした気性の、芯がシッカリしている女性を指す、土佐弁です。有川さんの描くはちきん女性は、水無月・Rの目指すところであります。〕

駅名が章のタイトルになってて、往復各8駅(8章)分ずつの物語があるんですが、ストーリーおよび登場人物はちょっとずつ重なっています。その重なり方も絶妙で、いったん退場した人が出てきても違和感がない。いろんなエピソードが絡み合ってるのに、全然複雑感がない。お互いに影響を与えあって、どんどん物語が進んでいくんだけど、それぞれうまく納まっていく。とても、自然に。これは全部実話なんじゃないの?と思ってしまうほど。
ああ「えっちゃんのトンデモ彼話」は、実話らしいですが(笑)。
前半の宝塚駅~西宮北口駅が雑誌『パピルス』に掲載された部分で、後半の折り返しが書き下ろしだそうですね。ほほ~う。面白い構成だわ。前半だけでも物語として成立するけど、後半部分で更に、物語が生き生きしてくるというか、すごく自然に「あの人のその後は?」的な部分がまとまってきて、素晴らしいわ~!
どのエピソードや登場人物も納得、安心、みんな素敵よ!と叫びたい、私は!

しかし、あれですわ。有川さんの関西在住も長いんですね~。全編にくまなく潜在する「関西ノリ」がすんばらしかったです。実は私のダンナ・大阪人だし、自分自身も大阪の会社にいたことがあるんで、関西ノリはとってもなじみがあるんですよ。ついつい「オチはどこやねん!」とか「なんでやねん!」とか心の中でツッコミ入れてますもん、常日頃(さすがに関西じゃない場所で口に出すとビビられるので、実際には言わないけど)。
そう、『阪急電車』に出てくる人たちのノリは、アリなんですよ。あのテンションの高さは、ホントすごいですよね(笑)。
関西の人の、あの話の上手さは、憧れですね~。ああ言えば即座にこう切り返す!しかも相手に不快感を与えずに(あるいはその辺を上手にコントロールして)、話の要旨をきちんと伝えられる。私がやろうとすると、全然ダメなんですよね。まず切り返せず、へどもどしてしまう。何とか返したら、伝えたい内容がうまく伝わらずギクシャク・・・。精進・・・してもダメなのかな~、もう。ちょっと悲しかったりします。

さてさて。関西テイストもいいんですが、高知を舞台にした「土佐弁バリバリ&はちきん満載」な作品を書いてほしいですね~、有川さん。
―――って、それは非常に個人的な要望ですかね・・・(-_-;)。だって、有川さんの描くはちきん女性って、ホントにみんな素敵で、カッコよくて、かわいくて・・・。きっと高知を舞台にしたら、もっとイキイキ(型破りなまでに?豪快に)大活躍してくれそうなんですもん。

阪急電車かぁ~。大阪人のダンナに「阪急・今津線って知ってる~?」と振ってみましたらば、あっさり「知らん」と。作品冒頭の阪急の路線について文章を読みあげてみたら「宝塚線ならよく乗っとったけどな~」だそうです。ややマイナーな路線のようですね。でも、私的には「今一番住んでみたい沿線」ですよ!(笑)有川さんに会えるかも・・・(ナイナイ)。

やっぱり、内容にほとんど触れないまま、終わってしまうのであります(^_^;)。
まともに書けるわけないから、いいんだけどね(笑)。ですから、
有川浩『阪急電車』、いい作品なんで、読んじゃってください!

(2008.02.14 読了)←自分へのバレンタインのプレゼントだと勝手に思い込んでいる水無月・R。


水無月・Rの『阪急電車』関連記事
小説『阪急電車』 感想(本稿)



阪急電車
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:幻冬舎サイズ:単行本ページ数:221p発行年月:2008年01月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ




"『阪急電車』/有川浩 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント