『雷の季節の終わりに』/恒川光太郎 ◎

これはいい作品だ~。なんだろう、こう、ひたひたと忍び寄ってくる、そこはかとない、怖さ。すぐ後ろに、闇がわだかまっている。今にも、「ひと」を呑み込もうと。いや、飲み込まれるのは人なのか。世界はすでに、呑み込まれているのではないか。彼岸と此岸の境は、曖昧だが、明らかにある。恒川光太郎さんは、常人には見えぬその境目が、見えているのではないか。
恒川さんの描く「異界」は、はっきりとした姿を持ち、明らかに私たちの暮らす現実世界とは違うのに、紙一重の場所で存在を密やかに主張する。
いざ、真のホラーの世界へ・・・。

『雷の季節の終わりに』、大変素晴らしい作品でした!何と言っても、世界観がいい。ファンタジーとしても、非常にしっかりした世界が展開され、その上で、忍び寄る恐怖というホラー。確かに日本のどこかと(あるいはどこにでも)繋がっていそうな、「穏」という土地。冬と春の間にある「雷季」とそれに関する不思議な風習。文章の間から立ち上る、美しい光景。人に憑く「風わいわい」、闇番、鬼衆、呪い師、そして少年と少女の成長。

あ~~、どれをとっても、水無月・Rの心を掴んで離さないんですよ。まず「異界」(西洋風のファンタジーワールドではなく)でしょ、その異界が現実世界とつながっていること、逆方向で彼岸と繋がっていること(そのことはちっとも怖くない)、憑きものがいて、数年を経た大掛かりな復讐劇、そして、主人公の孤独。文章から浮かび上がってくる、美しくも恐ろしい光景と、雰囲気。たまりませんね~、こういうのは。
『夜市』の時も、『秋の牢獄』の時も、この「侘び・寂び」のある、和製ホラーの世界を堪能しましたが、今回も非常に満足です。

現実世界と切り離され、平穏な日々の続く不思議な町、「穏」。そこに暮らす賢也は、数年前の「雷季」に姉を失った。その日以来、自分には「風わいわい」が憑いていることに気付いているが、周りにはそれを隠している。過去の記憶の曖昧な賢也は、実は下界から来た子供であった。眠れぬ夜、町のはずれにある墓町へ行き、闇番の大渡と知りあう。何度か大渡を訪ねるうちに、友達・穂高の兄・ナギヒサが、その友人・ヒナを殺したことを知る。その証拠を隠滅しようと墓町へ入った時、ナギヒサに襲われ、「風わいわい」の力を借りて撃退するが、穏から逃げ出さなくてはいけなくなる。追ってきた穂高と共に現実世界へ入り、そこで「風わいわい」の宿敵である元鬼衆・トバムネキと対決する。

サイドストーリーとして、トバムネキに誘拐され、いったんトバを殺し(トバは再生する)、穏に入って来る少女・茜の物語が挿入される。最初、その茜とその物語がどういう位置にいるのかがわからなくて、「???」だったのだけれど、物語が進むにつれ、茜が誰で、賢也との関係も分って来、そして道を外れた元鬼衆のトバとの戦いの後、本流と速やかに合流するその構成の上手さに息をのんだ。

少年、賢也と「風わいわい」の信頼関係も良い。トバは鎖で縛りつけなければならなかったけれど、賢也とは信頼関係で結びついていた。賢也の成長を見守る段階では全く姿を現さず、本当の危機にだけ現れ、導き、そして賢也の体を借りて、トバへの復讐を果たす。そして、賢也から離れ、遙か天空へと飛び去る。切れ味のいい物語として仕上がっていると思う。

最後に、賢也は「穏」と絶縁される。仕方なかったとはいえ、ナギヒサを殺した罪を見逃してもらうには、それしかないのか。それとも、「風わいわい」について知りすぎてしかったからか。狂った鬼衆・トバを永遠の再生の苦しみに落としたことは、評価されるのだろうか。
もう、姉とも穂高とも会えない。穂高は下界にまた会いに来ると言っているけれど。

~~かつて私を巻き込んだ大きな波は、ついに私を岸辺に打ち上げ、私の少年時代を攫うと、果てしない大洋へと引いていった。
新しい世界の情報が、雪崩のように私の中に押し寄せ、否応なしに私をまた別の何者かへと変質させていく。
~中略~遠き日の姉の言葉の通りに、やがては新しい季節が訪れる。~~
 (本文より引用)
少年は、成長し、孤独を知り、そして、変わっていく。幽かな寂しさを胸に抱きながら。それでも、季節はうつろう。時は過ぎ去ってゆく。雷の季節は、二度と来ないけれど。

あ~、美しいなぁ。寂寞とした、美しさだ~。感傷的になっちゃうよなぁ・・・。
ああ、いい物語の世界を彷徨った。そして、戻ってこれて良かった。物語は素晴らしいけれど、やはり現実世界がいい。
現実世界なら、いろんな物語の世界へ飛べるからね(^^)v。

(2008.02.21 読了)
雷の季節の終わりに
楽天ブックス
著者:恒川光太郎出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:単行本ページ数:305p発行年月:20


楽天市場 by ウェブリブログ



"『雷の季節の終わりに』/恒川光太郎 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント