『くうねるところすむところ』/平安寿子 ○

水無月・R的平安寿子さんのイメージは、喰えない作家さんである。ツッコミ処満載の「ど~しょ~もない」かったり「なんじゃそりゃ~!」な恋愛に、乾いた苦笑いを否めないという、気軽に読める作家さんです。
ちなみに今作『くうねるところすむところ』と言えば、幼児の母にとっては、某●HK教育「●本語であそぼ」の「じゅげむじゅげむ・・・」ですねぇ・・・。ウチの子供たちも、あの番組見て「じゅげむ」全部言えるようになりましたよ(笑)。いや、この作品には全然●HK関係ないですけど、どうしても連想してしまうので・・・(^^ゞ。

付き合ってる妻子持ちの男と誕生日を過ごせず、ヤケ酒の末に工事の足場に上がり、降りられなくなった梨央を救ってくれたのは、トビの親方・徹男だった。徹男に再会し、建設にかかわりたいと転職した先は、浮気した夫を追い出したら社長職を継いでしまった「姫」こと響子の率いる鍵山工務店。響子は現在引き受けてる仕事を終えたら、会社を縮小→廃業したいと考えていたが・・・。

梨央のバイタリティが半端じゃない。30歳になって、不倫に見切りをつけ、求人誌の副編集長の座を捨てて、全然畑違いの建設業へ「現場監督になりたい」なんて転職して。最初は事務職(雑用込)だったのが、リストラのあおりで出社しなくなった監督の代わりに、現場に出ることに。そんな忙しい中、ちゃんと建設について勉強したり、徹男にアプローチをかけたり。
同じく「姫」社長、響子(40歳後半)も面白い。離婚するまで20年以上専業主婦だったのに、「(専務の)じい」こと棚尾と「(事務の古株の)女帝」こと時江の後押しを受けて、なんとか会社を引き継ぐが、終わらせたいと思いつつ、仕事をし始め梨央を雇い、そのバイタリティに触れたり、娘が建設業に目覚めたりして、遂に廃業をひるがえして合併話まで断って、会社発展へとやる気になっちゃう。

男性陣も出てくるんだけど、皆な~んか頼りないのね。徹男もトビ職としては頼りがいのあるカッコイイ男なんだけど、1回目の結婚を失敗してそれに懲りちゃってて後ろ向きで、梨央のアタックにも尻込みばかり。
だから、なんだかやたら女性が元気な物語です。いえ、そういうの大好き。まあちょっと「こんなに都合よく話が展開するかいな~」的な、疑問やらツッコミやらはありますが。

響子・梨央・響子の娘の早知子、この3人がタッグを組んで、時江のバックアップを受けて鍵山工務店を盛り上げていく姿が、目に浮かびます。もちろん道は平坦じゃなくて、とんでもない事件が次々おこったり、喧嘩したり、仲直りしたり、そんな感じでワイワイやってく。本人たちは大変だし、真剣なんだけど、どこか微笑ましい情景。たぶんそれは、姫や梨央が「自分」を知ってるから。今の自分は足りないからもっと頑張って行こう、でも頑張りすぎて駄目にはならないように、ってコントロールしたり、冷静に自分にツッコミを入れたりできるから。

そういう、面白い女性の頑張る物語です。梨央が、素で響子を「姫」と呼ぶ当たりがすごいですよね(笑)。

(2008.04.18 読了)
くうねるところすむところ
楽天ブックス
文春文庫 著者:平安寿子出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:302p発行年月:2008年05月この


楽天市場 by ウェブリブログ



"『くうねるところすむところ』/平安寿子 ○" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント