『魔王』/伊坂幸太郎 ◎

このまま、流されるまま、ファシズムに染まるのではないか。力強く大衆を惹きつけ、自らの描くレールに乗せ、コントロールしようとする力。それに気付き、対抗しようとする主人公・安藤。安藤には、とある能力が発現しているのだが・・・。
私、今年は伊坂幸太郎作品の年になりそうな予感がします。
伊坂さん、本屋大賞とりましたしね!読んでいきますよ~!

今回の『魔王』は、『ゴールデンスランバー』を読んだ時に、本読みブロガーの皆さんが「話の雰囲気が似てる」「是非『魔王』も読んで」と教えてくださったので、急いで読んだものです。

政治や国そのものに不信感を持っていた、人々。力強い流れに、安易に流されていく大衆。その流れは演出されている。流されるのは楽で、簡単だ。
でも、考えろ考えろマクガイバー。
~~でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば。そうすりゃ世界は変わる~~ (本文より引用)

宮沢賢治の詩や物語を使って国民を煽り、断言口調で聴衆を魅了する政治家。ファシズムに流れ、自らの思考を停止させ、安易にそれについていく国民。選択肢を巧妙にコントロールされた、憲法第9条改正の是否を問う国民投票。
恐ろしいですね。この作品が発表された頃って、例の「自民党をぶっ壊す」とか言ってた人が首相になってませんでしたっけ?結局自民党はぶっ壊れず、多少の改革はあっても日本の全体像は変わらなかったですけど。あのころの内閣支持率はとんでもなかったはず。闇雲にただ、姿がいい、言葉が明快で勢いがあるからいい、と支持されていなかったか。
大衆は、勢いのあるものに流される。与えられた(しかも偏りのある)情報を自分の思考と思い込む。
安易な国民は、誘導できる。

タイトルの「魔王」はシューベルトの「魔王」で、「お父さんお父さん、魔王がそこにいるよ」とおびえる子供に、父親は「魔王なんていない、あれは風だあれは枯れ木だ」と言い続け、結局子供は魔王に命を奪われてしまう・・・というような歌曲だったと思います。魔王はそこにいるのに、見たくないから見ない。気がついた時には大切なものは奪われてしまった後なのだ、そんな警告を孕んでいるのでしょうか。
流されてはいけない、自ら考えて、危険に目をつぶらないで・・・。このまま、安易に流れて、大切なものを失ってはいけない・・・そう感じました。だからといって、何か行動できるというわけではないのですが。危機感を持って、大勢に迎合するのではなく、自分で考えを持たねばと。

安藤の「腹話術」の能力、バーのマスターの「脳溢血」の能力。安藤弟・潤也の「選択式なら必ず勝つ」能力。使える範囲が狭いささやかな能力だけれど、使い方によっては大きな影響力を持つ。安藤は、ファシズムを生み出そうとする政治家・犬養を阻止しようとしてその力を使うし、マスターは犬養を守るために犬養を害しようとする人間を排除するために使う。
そして、潤也は「大きな流れに勝つためにはお金がいる」と、競馬で10頭以内のレースに賭け、大金を手に入れている。(結局金が力、というのはちょっと残念だなぁ…でも実際、事実ではある)

安藤兄弟の、お互いを信頼し合ってる感じが、すごく良かったですねぇ。兄はとても頭がよくて、すごく良く思考を凝らして対処しようとし、弟の方は直観を頼りに真実に近づき、それをひっくり返そうとする。
『重力ピエロ』の兄弟もそんな感じで、最強コンビなんですよね。こういうの、いいですよね~。

ちなみに。
安藤の死を見守った‘千葉‘は、『死神の精度』の死神じゃないですかね?調査が仕事、とか音楽の話のときだけ生き生きするとか・・・。この部分は、ちょっと嬉しかった。案外、安らかに死に逝くことができたのも、千葉が見守ってたからじゃないでしょうか。

(2008.04.24 読了)
魔王
楽天ブックス
著者:伊坂幸太郎出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:285p発行年月:2005年10月この著者の新


楽天市場 by ウェブリブログ



"『魔王』/伊坂幸太郎 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント