『【新釈】走れメロス 他四篇』/森見登美彦 ◎

森見登美彦さんが、京都を舞台に日本近代文学を翻案?!そこに描かれるのは「腐れ大学生」なのか。「魑魅魍魎」なのか?!
・・・いや、サスペンスじゃないから。どっちかて言うと、コメディですから。
しっかし、見事に翻案してますね。日本近代文学っちゅーと真面目で固ぁ~いイメージですが、きっちりモリミーワールド。愛と笑いにあふれています。ツッコミどころ満載。水無月・R、感服いたしましたですよ。

『【新釈】走れメロス 他四篇』は、下記の5つの物語を森見さん流に、焼きなおした物語です。
中島敦 『山月記』
芥川龍之介 『藪の中』
太宰治 『走れメロス』
坂口安吾 『桜の森の満開の下』
森鴎外 『百物語』
この5編が、森見さんの筆にかかれば、こんなに変貌する。モリミーワールドだな~。
天狗、大学祭、詭弁論部、パンツ番長、腐れ大学生・・・。京大の学生さんのイメージ(はんなりとインテリ)がガラガラと崩壊・・・。いいのか、それで・・・。

あとがきで森見さんも「書いてて一番楽しかった」とのことですが、確かに「走れメロス」が一番おバカ全開で、ツッコミどころ満載で、読んでて楽しかった。あれですよね。『夜は短し歩けよ乙女』のときの学園祭の話でしたよね。路上に転がる達磨とか、「象の尻」とか。思わず巨大な鯉を背負った黒髪の乙女を捜してしまいましたよ(笑)。

主人公・芽野は詭弁論部の部室奪回のため、図書館警察長官のもとに乗り込む。長官は「部室奪回および廃部の危機脱出のために、学園祭のステージで「青きドナウ」をバックに桃色ブリーフで踊れ」と言い出す。芽野は「姉の結婚式に出ねば。代わりに親友の芹名を身代わりにおいていく」と、悠々とその場を去る。そこから芽野の大逃亡が開始される。芽野のウソを知り怒り狂った長官の魔の手から、芽野は逃れることができるのか。芽野と芹名の深く厚い友情(信頼もなく助け合いもない)は、余人にははかり知れぬ。こういう友情の形もあるのか。
芹名・芽野・長官の3人が「青きドナウ」をバックに桃色ブリーフで踊り狂うという、おぞましくも情けな~い、トホホなシーンで物語は終わる・・・。いや~、もうどうでもいいね(笑)。

気になったのは、須磨さんの猫炒飯。すっごく危険な香りがするような気が・・・というのは、私だけ?いや・・きっと隠し味が鰹節とかなんだよね?そうだよね?誰かそうと言って~!相当美味しいらしいので、ちょっと食べてみたい気も。でもやっぱりちょっとコワイ・・・・(笑)。

元ネタである文豪たちの作品、実は『山月記』と『走れメロス』しか読んだことないんですよね。なので、残りの3作品は、そのうち読もうと思っています。ただし、いつになることやら(笑)。

『山月記』は、確か高校の現国の教科書に載ってましたね。実は私、この話結構好きでした。膨れ上がる自尊心に押しつぶされて、虎になった李徴。非凡に憧れた平凡な高校生だった私は、気が狂うまでの矜持というものに、ひどく心を揺さぶられたものです。で、その物語が・・・京大の学生が演じると・・・これかい・・・。ううむ。モリミーワールドだね(笑)。

「百物語」に森見さんご自身かと思われる「森見君」が出てきます。
~~自分は大学生活というものを大方舞台袖から眺めて暮らしてきたのだという気がした。~~ (本文より引用)
とあります。だからこそ、腐れ大学生が闊歩し、魑魅魍魎が大活躍な物語が描けるんだろうな~と思いましたね。客観性というより、横から見てるからこそ全体像もつかめ、笑いどころのツボもしっかり読み取れる、という感じでしょうか。
その森見君が見たのは、「鹿島さん」だったのかな。そうだったかもしれないし、そうじゃなかったかもしれない。森見君がそう思ったのならそうだし、ほかの人は気付かないままの事態が進行するのも、幽霊話じみてていい。
あと、この話には前の4つの物語の登場人物たちが一堂に会しています。それぞれ相当キャラが立ってるので、物語はちゃんと進むのか少々心配になりましたが、杞憂でした。お互い主張しつつも譲り合い、出しゃばらず、「鹿島さん」の不気味さを浮き彫りにしてましたね~。

(2008.04.26 読了)

〈新釈〉走れメロス
楽天ブックス
他四篇 著者:森見登美彦出版社:祥伝社サイズ:単行本ページ数:219p発行年月:2007年03月この


楽天市場 by ウェブリブログ




"『【新釈】走れメロス 他四篇』/森見登美彦 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント