『探偵倶楽部』/東野圭吾 △

ファンの方、ホントにごめんなさい!水無月・Rには合わなかった・・・。
「流星の絆」とか「ガリレオシリーズ」とかドラマになってて、すごく人気の作家さんなんですよね、東野圭吾さん。
この『探偵倶楽部』も、M市図書館で順番待ちがあったぐらいなんですから。
けど・・・あわなかった・・・。ううう・・・。

VIP専用の調査機関、「探偵倶楽部」。
30代半ばの背の高い様子のいい男と、髪が長くスタイルの良い女の2人組が、依頼者の要請で、事件を調査するとき、物事には別の真相があると暴かれる。ただし彼らは、それを声高に告発することはない。

いくつかの事件を調査する探偵倶楽部。
物語の視点は、依頼者の方にあり、探偵倶楽部の2人組は調査結果を報告に来るだけなんだけれど。
その調査結果がすごく意外な章もあれば、「ああ、この話はこういう展開になるな」という予想の範疇という章もあり、なんだかあまり面白みを感じられなかったのですね。
探偵倶楽部の2人組の名前も、結局名乗られないままだったし。冷静かつ迅速、っていう謳い文句がとても合ってるんだけど、人間味を感じにくいというか。

事件の経過も、調査結果も、全く違和感がなく、きちんと出来上がった物語なんですが、どうもスカッとしない。あれかな~、『探偵倶楽部』というタイトルなのに探偵が全然前面に出てこない、そういうところになんだか合わなさを感じるのかしらん。

(2008.12.08 読了)
探偵倶楽部
楽天ブックス
角川文庫 著者:東野圭吾出版社:角川書店/角川グループパブリッサイズ:文庫ページ数:302p発行年月


楽天市場 by ウェブリブログ



"『探偵倶楽部』/東野圭吾 △" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント