『図書館の神様』/瀬尾まいこ ○

うう~む・・・。『戸村飯店青春100連発』で転げ回って大笑いしたので、ちょっと期待しすぎだったのかも・・・。
いや、面白かったんですよ。ただ普通にさら~~っと読み終えてしまったんですよね。
『戸村飯店~』を貸してくれた友人によると、どちらかというとこちらの方が瀬尾まいこさんのメイン作風のようですが・・・。

タイトルに『図書館の神様』とあるように、物語の半分ぐらいは、とある高校の図書室でたった一人の文芸部員3年男子・垣内君と、やる気のない顧問で女性講師の私・早川清が文芸部の活動をしている。

清のことはちょっと理解できそうな気がします。というのも、私も清と同じく「清く正しい」ことを頼りに生きていた時期があるから。あれは、ある意味楽だった、確かにね。ただし、壁にぶつかって、「何でよ?アタシは正しいのに!」という葛藤も結構あったなぁ~。
そこから抜け出しても、やっぱり生真面目な部分はヘンな形で残ってるから、「水無月・Rサンて、面白いよね」とかリアル友人に言われちゃうんですが・・・(笑)。

「清く正しく」を信条に生きてきた清は、その結果大好きだったバレーを失い、遠くの大学へ。進学先でケーキ教室の講師と不倫の関係を持ち、高校の講師として就職。その高校でバレー部の顧問になろうという計画だったのだが、職員会議で決まったのは「文芸部」の顧問。部活を始めてみれば、たった一人の部員の垣内君は、大人びた少年でまじめに文学研究をしている。が、垣内君も過去、サッカー部の仲間が練習中に倒れて長期入院したというトラウマを持っていた。まったりと部活動を続ける清と垣内君。
清の弟・拓実は海を見るためにたびたび清の部屋を訪れ、清が帰郷して墓参りに行くときはつきそう。
結局、清は不倫相手と別れ、地元の高校に教師として就職し戻ってくることになる。

・・・あらすじ書いてもなんのこっちゃ、ですね。
垣内君が良かったなぁ。清のちゃらんぽらんを上手いこと受け流して、自分のやりたいことをしっかりやる。食い違ってた二人が、段々仲良くなっていくのが微笑ましい。教師と生徒だし、大人と子供が逆転してるみたいなところがあるので、恋愛関係には全然ならないところも、なんだか暖かくて良い。
垣内君が「主張大会」でみんなに語りかけた内容は、とても素敵だった。私が本を好きな理由も、そこにある。声高に宣言するのではなく、サラッと言ってのけるのがすごい。爽やかだなぁ~。

弟・拓実の何気ない、とぼけっぷりも良かった。なんか癒される男子2人に囲まれた清、羨ましいなぁ。

それと真逆に、全くもって受け入れられなかったのが、清の不倫相手の浅見。百歩譲って、清に「甘えて頼る」という感情を思い出させたから、不倫の関係も大目に見るけど(現実では許せないけど、物語だからね)、だけどそのやり方があんまりすぎる。酷いよ、そういうの。嘘はつけない裏切れないからって普通、不倫相手に妻の妊娠過程語るか?!5回電話に出なかったら、話し合うことなく関係を断っちゃう?すごくムカつきました。最後の手紙も、フザケンナ!と思いましたよ、私は。
もうちょっと、浅見との別れは何かあったらよかったのにな~、と思いました。修羅場過ぎても困るけど。

部活最後のに日、二人で学校中を走り回った後、サイダーを飲んだシーンが、本人たちも言ってたけど、青春ぽくて、こそばゆいんだけど、スッキリしました。

(2009.04.14 読了)

図書館の神様
楽天ブックス
著者:瀬尾まいこ出版社:マガジンハウスサイズ:単行本ページ数:165p発行年月:2003年12月この


楽天市場 by ウェブリブログ



"『図書館の神様』/瀬尾まいこ ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント