『贖罪』/湊かなえ ○

あ~、なんて言うか、非常に評価の仕方が微妙です・・・。 
物語としては、うわぁ・・・湊かなえさん大丈夫かしらん、こんなの書くとすっごく精神的に色々消費しすぎて辛くないかしらん…という感じで、相変わらずすごいな、と思うのですが。
この『贖罪』も、衝撃的作品であります。
「そんなつもりはなかった」という一時の感情が、ずっと15年も尾を引いて、おぞましい結果につながってゆくという、その展開の恐ろしさは、なんとも・・・。

ただ、設定そのものは違うけど、手法が同じというのがちょっと、ねぇ。
まず殺人があり、それに関わった者たちがそれぞれ独白してゆく、というそのスタイルはちょっと『告白』の2番煎じな感じがするんですよね~。ううむ。

「空気が日本一きれい」であることだけが取り柄の、田舎町。
そこで小学4年生の美少女・エミリが暴行され殺される。その直前まで一緒に遊んでいた4人の少女達は、3年後、エミリの母・麻子に呼び出され、「犯人を捕まえるか、私の納得のいく償いをせよ」と迫られる。
田舎町の思い出を共有する夫に「フランス人形」にされ、夫を殺してしまった紗英。
学校のプールに侵入した不審者を殺し「PTA臨時総会」でそのいきさつと過去を語る、教師になった真紀。
小さな女の子を守ろうとして、「くまの兄妹」の「兄くま」を殺した晶子。
真犯人につながる情報を警察官である義兄に伝えようとした末に争いになり、義兄を突き落として殺した由佳は「とつきとおか」の妊娠期間中で。
そして、4人の少女達にぶつけた言葉が、ここまで深く彼女たちを支配したと気づかなかった麻子が「4人が犯した罪に対して、彼女たちにどうやって償えばいいのか」と語る「償い」
そして、「終章」で、真紀と由佳はエミリに花を供える。

「終章」以外はすべて、独白。エミリの母・麻子の、娘を喪った憤りから来たその言葉に操られるかのように15年後(つまり殺人事件の時効間際)に、次々と殺人の罪を犯した、彼女たち。
激しく償いを要求された彼女たちの心に、刻み込まれた罪悪感。事件から、それぞれの事情も含め、どんどん悪循環してゆく状況。そして、その結果が、犯人ではないけれど「男」を殺すというもの。
そう。何もかもが、悪循環を生む。どこかで、ほんの少しだけ歯車が狂って。廻れば廻るほど、どんどん堕ちてゆく。
その様子を淡々と語る「独白」は、静かであればあるほど、怖ろしさを増すような気がした。
殺人を犯した4人の独白は、どれも怖ろしいのだけど、やはり秀逸なのは、教師である真紀の語りである。学校批判や個人批判をする人々への、嫌みではなく事実を例として挙げてゆくその冷静さが、怖ろしい。エミリの事件を一番しっかり語っているのも真紀である。

酷いな、と思ったのは麻子。浅慮であるゆえに、感情にまかせて他者に対して思いやらないまま行動して、「そんなつもりはなかったのに」という。だけど、その浅慮さは私にもある・・・と思うのである。それが怖ろしい。

終章は、なんかとってつけたような〈その後〉だなぁ・・・と感じてしまった。
真紀は執行猶予、由佳は事故で押し通し、紗英と晶子は正当防衛と心神喪失でカタがつきそう、それも麻子の紹介した弁護士によって、というのがなんだか短絡。
物語を、急激に「めでたしめでたし」で終わらせてしまってもいいんだろうか?
15年の歳月をかけて、彼女たちの心の中で熟成されてしまった罪悪感は。悪い方悪い方へと転がっていった状況は、ひとを殺すという罪で転調するとは思えないのだが。
「救い」のようでいて甘い。と感じてしまうのは、彼女たちに対して辛辣すぎるだろうか。
それに、麻子が彼女たちに12年前に与えたプレッシャーを償うのにやったことは、あまりにも簡単すぎはしまいか。
それを、紗英・真紀・晶子・由佳もあまりに簡単に許してしまって(許すというより許容する・・・かな)、それでいいのか。
そのあたりがちょっと引っかかりましたね。

とは言え、ホント湊さんて〈悪循環〉を描かせたら、怖ろしいほどリアルでしかもバリエーションが豊かだ。
・・・怖ろしい新人作家さんであることは、事実だな。

(2009.07.09 読了)


贖罪
楽天ブックス
東京創元社・ミステリ・フロンティア 著者:湊かなえ出版社:東京創元社サイズ:単行本ページ数:253p


楽天市場 by ウェブリブログ




"『贖罪』/湊かなえ ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント