『妄想炸裂』/三浦しをん ◎ (エッセイ)

・・・・。
し、しをんさん。タイトル通り過ぎて、なんというか、・・・もう。
こんなにセキララでいいんでしょうか、お年頃のお嬢さんが。
私の心配なんて、要らんお節介なんでしょうけど(笑)。
・・・やっぱり三浦しをんさんはスンバラシイ!
まさにタイトル通りの『妄想炸裂』、大変堪能いたしました!

いやぁ・・・。ホント、どうしてくれよう、この笑いの方向性。激しくツボなんですが。
私は、小心者の小市民なので、BLにはあんまり上手に反応できないんですが、それでも。それ以外の部分で、しをんさんに賛同するところ多々ありますわ~。
一番最初の「四角い世間を教えたい」からして、子供に対して即反応できないのに、後から非常に強烈な仕返しを考えたり(でも行動には移らない)するところ、うわ・・・自分そっくりやん!って感じです。
私も子供(自分の子やよその子も含め)に失礼な事されても、びしっと言い返したり出来ないんですよねぇ・・・私は単に頭の回転が遅いからなんですけど。で、後になって「ああしてやる~、こうしてやる~」と心の中では、結構過激な事を考えたりもしますが、いかんせん行動に移る勇気と行動力がないという、ねぇ(笑)。

一つ一つ、しをんさんの「妄想」について、言及したいぐらいですが、あまりにそれでは長くなりすぎちゃうので、いくつかツボにはまったものを。

まずはなんと言っても「新春妄想大会開幕」ですよねぇ。
しをんさんのつぶやき「駅伝いいっすよ。ぐふふ。」から始まる、ネタのオンパレード。
これはアレですよね、『風邪が強く吹いている』のしをんさんの中での、原型・・・?!
あの、スポ根じゃない泣けるスポーツ小説!って私、すんごい感激しまくったのですよ。それが、コレ・・・いや、コレはコレでしをんさんらしいんですけどねぇ(^_^;)。

どんな土地へ行っても「まんだらけ」があると吸い込まれてしまうとか、三味線を始めたはイイけど民謡を知らないとか、バクチクのおっかけで各地に行って「グルーピー」になるという妄想がたくまし過ぎるとか、「悪い男」カルロ(=電気毛布(笑))に捕まってしまって、彼なくしては夜眠れなくなっちゃうとか・・・・。

なんでそんなにしをんさんの日常って、ネタにあふれてるんでしょうねぇ!
いや、どんなに小さなことでも、ちゃんと妄想をふくらませる能力が高いから、これだけ面白いエッセイが書けるんですよね、きっと。
若いお嬢さんが、ここまでセキララに「己の趣味(腐女子)」を語っちゃうんだもの(笑)。
笑いで腹筋、おおいに鍛えさせていただきましたわ~♪

(2010.08.07 読了)

妄想炸裂
楽天ブックス
商品副データ新書館ウィングス文庫三浦しをん新書館この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年1


楽天市場 by 妄想炸裂 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




"『妄想炸裂』/三浦しをん ◎ (エッセイ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント