『ストーリー・セラー』/有川浩 ◎

この原稿を書くために、物語を思い出すだけで、涙ぐむ。
とてもじゃないが、まともな文章は書けそうにない。
一晩おいてみたけれど、無駄な足掻きなのはわかっている。 
私にとって、最高の作家さんである有川浩さんの作品なのだから。
作家である「彼女」が描く『ストーリー・セラー』
~~「―― どこまでが、本当なんですか?」
   「どこまでだと思います?」~~
    (本文より引用)
「彼女」に逆夢の訪れんことを、「彼女」の期待以上の逆夢の訪れんことを。
ただの一読者として、願う。

うわあもう駄目だ、全然思考がまとまらない。
前半部分「Side:A」は、雑誌『Story Seller』(小説新潮2008年5月号別冊)に掲載された、「ストーリー・セラー」で、水無月・Rは既読である。
当時も「滂沱の涙」という言葉を身をもって体験し、今回も既読だからって読み飛ばすことはできず、またもや涙の大量生産。もちろん予測はついていたので、家で、誰もいない時を見計らっての読書である。

そして後半「Side:B」に入るや、「Side:A」は作中作であることが分かる。でも、全然「騙された!」とか思わない。ひたすら、物語を追っていく。「彼女」の後悔から始まる、この物語を。
太字の「覆れ」の連続を、読み切ることは出来なかった。同じ文字の繰り返しが面倒だったのではない、と思う。あまり強いその意志に、息が出来なくなりそうな呪力を感じて、4行読んだところで、挫けてしまった。

「Side:B」が終わり、あとがきの部分に入った。と思っていた。
担当者と作家の会話で、物語と作家の現状とが照らし合わされていく。
どこまでが本当なのか。
この作家が逆夢を起こしに行くなら、私は願うだけだと思った。事実でも、作中作でも、更にその中の創作であっても、本来の作者である有川さんのためではなく、私のために。
逆夢が、起こればいい。とてつもない、逆夢が。

ううむ・・・感傷的だな~、相変わらず。
何かねぇ、「この部分について書きたい」とか「私はこう思ったんですよぅ!」とか・・・出て来ない。
有川さんの作品と出会えてよかった。
有川さんの作品を読み続けて行きたい。
こんなにぴったりくる作家さんは、今までいなかった。
有川さんにとっては、私はただの一読者だけどそれでいい、私にとっては特別な作家さんだから・・・。

何かそんなことばっかり、ぐるぐる考えちゃって。
「どこまでが本当だったのか」は、知りたいような、知りたくないような。
でもいい。どちらでも。
ただ、私は作中の「彼女」に逆夢が起こればいい、と願う。

雑誌掲載時の「ストーリー・セラー」のときも、有川さんから旦那様へのラブレターだなぁ、って思ったんですが、単行本になってより一層「素敵なご夫婦だなぁ」と、ポーッとしてしまいますね。
作中のことすべてが、旦那様だというわけではないのでしょうけど、お互いを大切に、尊重して、本当に本当に、必要としてるんだなぁって。なかなか、こういうご夫婦はいないんじゃないかと思います。(ウチも割と夫婦仲はいい方だと思いますが、有川さんちにはとても及びません(笑)
有川さんが描く恋愛ものが素敵なのは、旦那様を愛していて、旦那様に愛されてるからだと思う。甘ったるくまとわりつく恋愛じゃなくて、ちゃんと自分の足場を踏みしめてて、そのうえで全力で相手を想う関係。
何げない一言で新たな発想を与えてくれ、作家活動を全面的にバックアップしてくれて、一番の読者であり一番の理解者で協力者である、有川さんの旦那様。きっとその人は、そうあることを本当に心から喜んで誇りに思っている。
そして、そのことを堂々と物語にのせている有川さんも、旦那様と共に生きていることを心から喜んでいるのだと思う。
だから私は、一読者として願う。
いつまでも、有川さんご夫妻が仲睦まじく、楽しく暮らして下さることを。そして、そこから有川さんの物語が生まれて、我々読者にも届けられ続けることを。
有川さん、そして旦那様。これからも、どうぞ、よろしくお願いします。

さて、私、本は図書館で借りて読む派なんですが、この作品は最初から買う気でいて、本屋さんに行って表紙を見たときに、「買うことにして良かった」と思いました。白い表紙に青いリボンがかかっている、美しい贈り物の装丁。表紙を外した本体も、〈StorySeller〉とデザインされた包装紙を模している。
物語を売って逆夢を起こすための、読者への特別なプレゼント。
受け取りました。ありがとう。
物語を売ることに誇りを持っている作家さんだから出来る装丁、だと思います。

ちなみに。
私の好きな色、〈青〉のリボンがかかっていることは、運が良かっただけだとは分かっています。
ですが、私への贈り物だと、脳内補完させていただきました♪
いいんですよ、脳内だけなんだから(笑)。


(2010.09.30 読了)

ストーリー・セラー
楽天ブックス
有川浩新潮社この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年08月登録情報サイズ:単行本ページ数:


楽天市場 by ストーリー・セラー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"『ストーリー・セラー』/有川浩 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント