『小袖日記』/柴田よしき ○

現代で不倫の恋に破れた「あたし」は、突然の衝撃と共に、何故か平安時代(しかも多分パラレルワールド)に飛ばされた。
現代の「あたし」は平安時代の女官「小袖」体に宿って、紫式部の手伝いをすることに。
柴田よしきさんは初読み。『源氏物語』の裏話いろいろな『小袖日記』、面白かったです。

幾つかの記事で「水無月・Rはアンチ源氏の君だ!」と主張して来たんですが、その辺りが「小袖」さんと一緒なので「そうだよ!そうだよ!!」と、力いっぱい頷きながら読んでました。
何かっちゃめそめそ泣いて、自分勝手な被害妄想たっぷりで、女癖が悪い源氏の君のモデルたち。
それを現代人の小袖さんがどう料理するか(物語化するのは主である香子さま=紫式部だけど)というのは、大変興味深かったですね。

『源氏物語』を書く香子さまに仕える小袖は、「夕顔」「末摘花」「葵」「明石」「若紫」、それぞれの物語のモデルとなった(作品上の)真実を取材したり経験したりする。
男君たちの身勝手さに歯噛みし、現実に打ちのめされもし、それでも頑張って生きている小袖さんは、カッコいい。確かに、現代人ならではの目線で見ると、平安時代って不自由が多いし、いつ現代に戻れるかという不安もあるけど、それでも頑張ってる。
色んな事件を見ながらも、手を出すことが出来ないことに悔みながら、少しでも何とかならないか、と一生懸命やっている。

真実そのままを物語にするのではなく、差し障りないように書き換えながらも、出来るだけよい物語へ作り変えて行く香子。職業を持った知性のあるその香子のために、辛い真実を探り、噂話を集めて回る小袖。二人の間にある優しい絆のようなものが、とてもよかった。

しかし・・・「末摘花」に同性愛を持ってくるかぁ・・・!斬新だなぁ(笑)!でも、アリかも知れない、って思えてしまうぐらい、物語としてきちんと筋が通っているし、面白い。
他の章の真実もそれぞれ、へぇ~、ナルホド、そういうのも全然OK、アリだよ~!とわくわくしながら読めた。

おかめ顔にも美醜はあり、その評価は現代とは相容れないんだけど、判別及び理解出来るようになった主人公、結構順応性は高い。目覚めたらおかめに取り囲まれてたっていうの、ある意味ギャグなのかホラーなのかってレベルだもの。

気になったのは、何とか現代に戻ってこられた「あたし」だけど、「若紫」の洋子さんはどうなっちゃんだろう、彼女も戻ってこられたのかなぁ、って事。
どこかで「あたし」と洋子さんが出会えて、お互いの無事を確認出来たらいいな、と思います。
それと「臨死体験でTV出演」はどうだろう・・・(笑)。

(2010.10.29 読了)

小袖日記
楽天ブックス
柴田よしき文藝春秋この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年04月登録情報サイズ:単行本ペー


楽天市場 by 小袖日記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"『小袖日記』/柴田よしき ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント