『森の家』/千早茜 ○

千早茜さんは孤独を書くのが上手な作家さんだなぁ、と思ってたのですが、本作『森の家』も、孤独で人との距離の取り方がわからない3人の男女の物語です。
2013年初の読書は、淋しさの中で、それぞれの孤独がひっそりと息づいているような、静かな物語でした。

ただね~。私、千早さんの甘美で仄暗い感じの漂う幻想的な物語の方が好きかな~。
現代の現実的な物語は、ちょっと物足りなかった。それぞれの淋しさがふわふわと漂う雰囲気は、良かったんだけどね。

美里・佐藤さん・まりも君の3人が一緒に暮らしている、住宅街の中にありながらうっそうとした木々に囲まれている家。まるで、静かな森の中にひっそりと身を隠しているかのような、家。
美里と佐藤さんは年の離れた恋人同士で、佐藤さんとまりも君は親子(だけど訳アリ)。家族のように暮らしている。
だけど、3人は何かが欠けていて、人との距離の測り方がわからない。それでも危うい均衡の中、緩やかに暮らしていたはずだった。
ある日、佐藤さんが失踪してしまうまでは。

美里・まりも君・佐藤さんの目線で、それぞれの状況が語られる各章。
美里の子供みたいな感情の起伏激しさと、爆発した後の倦怠感の落差に、ちょっと疲れました…。同じ女性として、感情移入するより、逆に振り回された感じ。
まりも君はまりも君で、20歳とは思えないほどの落ち着きっぷり。彼もまた、家族を持たない子供として、幼い頃から冷めた目で周りと係わってきたから、自分から欲するという事を知らない。
佐藤さんは・・・駄目だよねぇ、この男。いろいろ事情はあるんだけど、それでも、駄目でしょう…。
血の繋がりがあるかどうか分からなくたって、十年以上一緒に暮らしてきた被保護者と自ら同棲に誘った女性を、何も知らせず感じ取らせることもなく置いて来ちゃ駄目だよ…。

佐藤さんがさりげなく姿を消し、あっさりと付き合っていたはずの美里が爆発し、それを淡々と受け流すまりも君。だけどね、20歳前の未成年が、しかもずっと色々溜め込んできたような子が、平静でいられるわけがない。その奔流がいつ堰を切るかと、ちょっと怖かった。いや・・怖いというより、可哀想というか切ないというか。
ちょっと変わった母親が亡くなり、現れた父親らしき男性(佐藤さん)も家族として保護者として、欠けている。ずっと我慢して、表面上受け流して、人との距離の測り方を身につけられないままの、まりも君。もう子供じゃないけど、可哀想だなぁと思います。

とある田舎町の、青く深く底の見えない湖。そこで過去を思い出して夢にうなされ、湖の水に浮かぶまりも君の母・果穂子を幻視し、幻に捕らわれる佐藤さん。その佐藤さんを引き戻したのは、美里。
この後、あの家に戻って、3人は暮らしていくのだろう。お互い、足りないところを許しながら(補うことはないだろう)、受け入れながら、「家族」として。
温かい終わり方、という事ではないけれど、希望は見える終わり方でした。

ところで、どうやって美里は佐藤さんの居所がわかったんですかねぇ。現れ方が唐突で、結局最後まで何もそれについて語られなかったので、ちょっとそれだけ気になりました(^_^;)。

(2013.01.06 読了)

森の家 [ 千早茜 ]
楽天ブックス
千早茜 講談社発行年月:2012年07月 予約締切日:2012年07月11日 ページ数:235p サ


楽天市場 by 森の家 [ 千早茜 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




"『森の家』/千早茜 ○" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント