『婚外恋愛に似たもの』/宮木あや子 ◎

・・・わぁぁぁぁぁ!!!う、あううう、うくく・・・。
ちょっと宮木あや子さんたらッ、思いっきり笑っちゃったじゃないのよもう!んもう~、宮木さん、好きだわぁ。なんかもう、ずっと笑ってた気がしますわ~。
実を言うとね、『婚外恋愛に似たもの』というタイトルから、不穏系なのかなって勝手に思ってたんですよ。いい意味で、裏切られたわ~。でもアレか~、そういや確かに、表紙の美人は似合わぬ応援うちわを持ってたりするのよねぇ。

男性アイドルグループを養成する芸能事務所・ディセンバー。その事務所に所属するメジャーデビュー前のアイドルユニット・スノーホワイツのファンである5人の女たち。まったく別々の階層に所属する彼女たちは、普通なら交流が生ずることがないんだろうけど、スノーホワイツの5人のメンバーそれぞれの熱狂的ファンであることと、ひょんな出来事から繋がっていく。

なんでも上から屈辱の三番目の桜井、下から三番目の益子、いつでも衒うことなくトップを張ってきた隅谷、ど真ん中で切り抜けてきた山田、ずっと最下位だった片岡。
あからさまなんだけど、この女の格差は、あるなぁ。そんで、その階層って、確固としてあって、なかなか乗り越えられないんですよねぇ。
だけど、美醜と境遇と頭脳もこの階層に全部合わせてるってのは、ちょっとステレオタイプすぎやしませんかね。もちろん、物語としての面白さがそこにあるんで、物語上はこれで良し、ですけどね(笑)。
実際は、美人だけどアタマ悪いとか貧乏だとか、不細工だけどアタマがよくて経済的に安定してるとか、色々なバリエーションがありますから・・・。とか書きつつ、自分は美醜・頭脳・境遇、どの辺かなとか考え始め・・・、う~んやっぱり考えたくないな。悲しいわ…(笑)。物語で大笑いするぐらいで止めておく方が幸せだやね。

しっかし、相変わらず宮木さん、容赦ないっすね(笑)。この痛さと笑いの共存、素晴らしすぎる。
35歳、夫あり(隅谷は独身だけど)で、アイドルしかもデビュー前のユニットに入れあげてるって、結構すごいことだと思うんだけどでも、いいトシしてアイドルぅ?!的なイタさではない。それぞれの階層は、それぞれなりに悩みがあるっていうのが、痛い感じだな~。そっか~。常にトップで何にも不自由してない隅谷にも、いろいろあるわけですねぇ。

私自身は、アイドルとかそういうのに熱中したことがないんで、出待ち入り待ちとか、ファン心理とか、イロイロ面白かったです。納得することやら感心することやら。
超アイドル多数所属の某芸能事務所がモデルなんですよね、たぶん。私もJ事務所のアイドルさんたちは好きですね。彼らは礼儀正しいし、清潔感があって、一生懸命頑張ってる感じがとてもするから。益子じゃないけど、こういう息子がいたらいいよねぇ(笑)。いや、うちの息子は益子の息子ほど大変な感じじゃないけど。

美人度上位二人の、率直さがたまらんですなぁ。本人目の前にして「ジャバだ」って言うか?!普通。しかも、コートが緑だったら「モリゾー」って・・・。あれですよね、愛知万博のキャラクターですよね、モリゾー(笑)。

うわぁ、全然内容に触れてません(笑)。
まあ、とにかく笑えます。35歳というと、私より少々年若い皆さんですが、あるあるネタもたくさん。
そして、アイドルファンというつながりあってこそなんだけど、この5人っていいなぁ。正直だし、羨ましいと思うぐらいはあっても、妬まない。お互いが遠慮なくいろいろ言い合える、この不思議な友情、いいですなぁ。

最後の「茄子のグリエ~愛して野良ルーム2」で、ちょっとお互いが「ああこの人、私のことこんな風に考えてるな」って思ってるの、すごくリアル。
そんなまとまってるようで、ばらばらな感じのこの5人が迎える物語のラストは、祝福に満ちている。
ずっと応援し続けた、愛してやまないスノーホワイツがメジャーデビュー。
これからも、彼女たちは全身全霊かけてスノーホワイツを愛しつくすことだろうと思うと、なんだかあたたかい気持ちになる。

あ、そうそう。それぞれの章のタイトルが、割と売れた書籍のタイトルのパロディーです。なんか、ニヤニヤしちゃいますね。

(2013.03.27 読了)

婚外恋愛に似たもの [ 宮木あや子 ]
楽天ブックス
宮木あや子 光文社発行年月:2012年10月 ページ数:196p サイズ:単行本 ISBN:9784


楽天市場 by 婚外恋愛に似たもの [ 宮木あや子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"『婚外恋愛に似たもの』/宮木あや子 ◎" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント